「デュエルツアー2010」攻略

dendoannai.jpg
15日より解禁された新殿堂案内画像。
5月15日より適用開始。


boruyama2010.jpg
いよいよ4月24日より「デュエルツアー2010」がスタートする。
WINNER仕様の【ボルシャック・大和・ドラゴン】が貰えるので、ぜひとも3連勝を狙いたい所。
しかし環境は新殿堂前ということもあり混沌としているはずだ。
今日はそんな環境を突破できそうなデッキタイプとキーカードをおさらい。
(EM全国大会日本一、Kashinさんの考察を参考にさせていただいています。)

「制限時間?なにそれおいしいの?」「リョータ」「いろいろ」「ありがと」「バイバイ」

■キリコ

現環境の台風の目。だいたい6ターンほどでコンボが成立し、勝負が決まる。
公式大会では制限時間で負けてしまう事もあったが、原則時間無制限のツアーは関係なし。
使い納めという意味でも、多くの使用者が予想される。

【黙示聖者ソルハバキ】
【蒼狼の始祖アマテラス】
【威牙の幻ハンゾウ】
【エンペラー・キリコ】
【母なる星域】


対策としては【巡霊者メスタポ】で【アマテラス】の能力を封じる、【ローズ・キャッスル】で【ソルハバキ】【オチャッピィ】を留まらせないようにするなど。
相手の【ローズキャッスル】で自分の【メスタポ】がやられないように。
一番の時間稼ぎはマナにある【キリコ】の破壊。そこから【オチャッピィ】を引かれなければ押し切る事ができるだろう。
徹底的に対策して初めて互角という、化物デッキ。


「4マナ以上はカードにあらず。」

■黒緑速攻

間違いなく環境最速。
回り方にもよるが、だいたい4ターンくらいで人が死ぬ。
速度を突き詰めた結果、ほぼ3マナ以下のカードで構成されるようになった。

【福腹人形コダマンマ】
【ダンディ・ナスオ】
【無頼封魔アニマベルギス】
【死神術士デスマーチ】
【密林の総督ハックル・キリンソーヤ】
【雪要塞 ダルマンディ】


対策としては【ローズ・キャッスル】【ノーブル・エンフォーサー】等で相手の攻撃速度を削ぐ事。
4マナあれば【光牙忍ハヤブサマル】も狙えるが、【キリンソーヤ】の前には無力なので注意。
【ダルマンディ】でパワーを底上げされてこられると厳しいが、設置には3マナかかるので、その間に態勢を整えられるようにしたい。


「より良い明日のために」

■Mロマノフ

【邪神M・ロマノフ】の登場により生まれたデッキタイプ。
マナに置いた呪文を【Mロマノフ】で飛ばしながら一撃必殺を狙う。

【ダンディ・ナスオ】
【邪神M・ロマノフ】
【憎悪と怒りの獄門】
【魔弾ベター・トゥモロー】


対策としては【ローズ・キャッスル】で相手の小型が並ばないようにする事。
お供さえ何とかできれば、ただのトリプルブレイカーで済む。
【デビルドレーン】型もある。こちらは安定性に欠ける反面、小型をどうにかしただけでは止まらないので注意。



「強靭な、BODY」

■白青黒ハイドロ

【停滞の影タイム・トリッパー】と軽量小型ブロッカーで時間を稼ぎながら場を展開、【知識の精霊ロードリエス】で息切れを防ぎ、必殺の【ハイドロハリケーン】で場を一掃。その後【白騎士の開眼者ウッズ】や【ダイヤモンドソード】等で殴り倒す。


【光陣の使徒ムルムル】
【停滞の影タイム・トリッパー】
【王機聖者ミル・アーマ】
【知識の精霊ロードリエス】
【魔光騎聖ブラッディ・シャドウ】
【白騎士の開眼者ウッズ】
【ハイドロハリケーン】


デッキの多くのクリーチャーがブロッカーであるため、ブロッカー破壊がよく刺さる。ナイトが使えれば【魔弾クリティカル・デストロイヤー】1発で打開できる事もあるかもしれない。
場を並べなければ動けないので【アポカリプス・デイ】が使えるならぜひ狙いたい。
時間を与えるとほぼ勝ち目がなくなるので、短期決戦を心掛けたい。


「(カードの使用など)許るさーーーん!」

■白黒緑コントロール

対応力と相手に何もさせないロック性能ならトップ。
【ハッスル・キャッスル】【雷鳴の守護者ミスト・リエス】等の「置き」ドローソースに支えられたクリーチャー戦術で相手の手札を縛りつつ、場をロックするクリーチャー【聖鎧亜キング・アルカディアス】【聖鎧亜クイーン・アルカディアス】へ繋ぐ。

【光牙忍ハヤブサマル】
【解体人形ジェニー】
【威牙の幻ハンゾウ】
【腐敗無頼トリプルマウス】
【聖鎧亜キング(クイーン)・アルカディアス】
【ハッスル・キャッスル】


多くのデッキに対策できるカードを積める為にメタが噛み合ってしまうと苦しいが、器用貧乏になりがちなのでシノビさえ潜り抜ければ速度で押し切れる事も多い。
基本エンジンを【ミスト】【ハッスル】に頼り切りなので、【冥府の覇者ガジラビュート】【執拗なる鎧亜の牢獄】等のシールドを直接狙えるカードが使えると、展開がぐっと楽になる。



「まただよ(笑)」

■青単速攻

黒緑速攻より速度で劣るが、崩された後の立て直しはこちらが上。
あらゆる脅威をバウンス一発で解決できるために、相手にすれば常にプレッシャーを掛けられる面倒なデッキとなる。

【チェレンコ】
【パラダイス・アロマ】
【斬隠テンサイ・ジャニット】
【エンペラー・ティナ】
【エンペラー・マリベル】
【スパイラル・ゲート】
【海底鬼面城】


【海底鬼面城】の有無で別デッキのような展開になるため、見たら即壊せるよう、殴れるクリーチャーを用意しておくといい。
【ローズ・キャッスル】を2枚張れればほぼ勝ちにもっていける。シールド枚数に余裕があれば狙いたい。
爆発力の源である【パラダイス・アロマ】と2マナで戻す【スパイラル・ゲート】は殿堂入りとなるが、5月15日までは健在。こちらも注意だ。


その他デッキタイプには

■H(D)M
■Bロマノフ
■ヒャックメー


等も考えられる。
余裕があればこの辺りも頭に入れておくと良いかもしれない。

最初に時間無制限と書いたが、すばやく終えれば再び並び直す事ができるので、回数をこなす事でWINNERを狙う作戦も有効かもしれない。もちろん、君はじっくり時間をかけて確実に3連勝してもいいし、しなくてもいい。


■デュエルマスターズ エントリーデッキ2010 DMC-59 武者見参 (サムライ・アンビシャス)
■デュエルマスターズ エントリーデッキ2010 DMC-60 無限死神 (エターナル・デス)
予約の入り数は、ついに死神が武者の3倍を超えた。死神超人気。

■デュエルマスターズ DMC-61 コロコロ・ドリームパックIV エターナル・ヘヴン BOX

この記事へのコメント

bodyてw
1ゲと


やっぱり次の環境は大体決まってますね
デュエルツアー行きたい…^^

でも自分の住んでる地域ではやらない…。

大和ほしー。
yes!

強靭なbody!
参加出来れば、EMでも使用した黒単で行くつもりです。(新戦力としてドルゲドス入りです。

今度は、フリーのデッキも充実させて行くつもりなので、機会があればよろしくお願いします。


うーん、黒緑とキリコをどれくらい倒せるかが鍵となりそうですねー
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
死人さんカッコイイw
素直に自分のデッキ使いたいけど…行けないのですわ。次世代に期待
スパイラルゲートは1弾からあるのに10弾の方のイラストが…!
あ、アロマもですね。

ハイドロは…皆メガドラグーン入れ始めたら最期ですね(笑)
札幌は新殿堂適用後なのでドルゲーザも復権しそう。ヒャックメーが一番の地雷かな。
デュエルツアー行きたいけど予算が・・・。

画像を転載させていただきます。
今回デスマーチに制限かからなかったのって無限死神に2枚以上入ってるからとしか思えない
それとも次で露骨な黒緑対策カードを出してくるか
俺のところ制限対応してる日www
ぼくの友達でムルムルと小型ブロッカーを並べとどめにダイヤモンド ソード、カッター、エイブンつかってたの水単より強かった。
大和欲しいですな。

これはMロマノフで一暴れしましょうかな。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
参考にさせていただきます。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター