エボリューション・マスター環境考察

公式HPにて『エボリューション・マスター』が告知された。
地区代表は東京・名古屋は各クラス2名、それ以外は1名の狭き門となる。


12月19日よりDM公式大会「エボリューション・マスター」の予選が各ショップにて行われるが、
同じく12月19日発売の34弾を除けば、エボリューション・マスター環境のカードプールは出揃った。
今後台頭してくるであろうと予想するデッキタイプとサンプルレシピを掲載。

34弾発売直後でどれだけ環境が変化するか未知数ながら、1日では対応できなさそうな初日の参考にでも。

(レシピは順次更新していきます)
『シノビドルゲーザ』
現環境の上位に位置しながら、新環境でほとんどダメージを受けていないデッキタイプ。
コントロールを踏み越えていけるパンチ力もさる事ながら、【ドルゲーザ】のドロー能力により、ビートダウンに有利を付けるシノビ集団を安定して扱える事が最大の魅力。

『白青黒緑シノビドルゲーザ』
2【光牙忍ハヤブサマル】
2【霊騎コルテオ】
1【光神龍スペル・デル・フィン】
3【スペース・クロウラー】
1【ストーム・クロウラー】
2【斬隠蒼頭龍バイケン】
2【解体人形ジェニー】
3【威牙の幻ハンゾウ】
3【土隠雲の超人】
4【西南の超人】
1【万象の超人】
4【剛撃戦攻ドルゲーザ】

1【サイバー・ブレイン】
2【デーモン・ハンド】
2【ロスト・ソウル】
4【フェアリー・ライフ】
2【鼓動する石版】
1【英知と追撃の宝剣】



『青単』
スピードと爆発力は現時点で最強の速攻デッキ。
差し込まれたバウンスにより、多くの詰みとなる脅威を打開できる為に、どんなデッキにも対抗できる柔軟性を持つ。
新環境ではこれまでのコントロールデッキが弱体化した為、相対的に強化されたともいえる。

『青単速攻』
4【マリン・フラワー】
1【エメラル】
4【チェレンコ】
3【電磁封魔ロッキオ】
4【パラダイス・アロマ】
2【クゥリャン】
3【斬隠テンサイ・ジャニット】
2【フォーチュン・ボール】

4【エンペラー・ティナ】
1【アストラル・リーフ】
2【アストラル・ラッシュ】

4【スパイラル・ゲート】
1【ストリーミング・シェイパー】
1【サイバー・ブレイン】

4【海底鬼面城】



『ハイドロハリケーン』
やや上位環境にあったPGやキングロックが衰退する事により、押し出されるような形でメタゲームに出てくると思われるデッキタイプ。以前も書いたが速攻デッキに対して有利が付き、コントロールデッキにも【ハイドロハリケーン】が突き刺さる。【ソウル・アドバンテージ】が無くなった事で、【ハイドロ】を撃つ前に落とされなくなった事も追い風。

『白青黒ハイドロハリケーン』
2【光波の守護者テルス・ルース】
3【光陣の使徒ムルムル】
1【黙示賢者ソルハバキ】
1【雷鳴の守護者ミスト・リエス】
1【アクアン】
3【停滞の影タイム・トリッパー】
2【解体人形ジェニー】
2【王機聖者ミル・アーマ】
4【知識の精霊ロード・リエス】
4【魔光騎聖ブラッディ・シャドウ】

1【白騎士の開眼者ウッズ】
1【聖鎧亜クイーン・アルカディアス】

1【ダイヤモンド・ソード】
1【サイバー・ブレイン】
3【ブレイン・チャージャー】
4【ハイドロ・ハリケーン】
1【リバース・チャージャー】
2【デーモン・ハンド】
1【ロスト・ソウル】
1【魂と記憶の盾】
1【英知と追撃の宝剣】



『HDM』
【インフェルノ・サイン】の殿堂によりSTでの粘り強さを失ったが、【龍仙ロマネスク】、【ハッスル・キャッスル】は無傷である上、『ゴッド・キングダム』デッキによって【大地と永遠の神門】が投入できる為、今後も油断できないデッキタイプである事に変わりはない。
一度【龍神ヘヴィ】【龍神メタル】がリンクしてしまえば、青単以外のビートダウンデッキを完封する事ができるだろう。

『白黒赤緑HDM』
1【黙示賢者ソルハバキ】
3【光牙忍ハヤブサマル】
1【魔光王機デ・バウラ伯】
1【雷鳴の守護者ミスト・リエス】
2【解体人形ジェニー】
3【龍神ヘヴィ】
3【威牙の幻ハンゾウ】
2【龍神メタル】
4【青銅の鎧】
1【天真妖精オチャッピィ】
3【口寄の化身】
4【龍仙ロマネスク】
1【破壊神デス】

1【インフェルノ・サイン】
3【地獄スクラッパー】
4【フェアリー・ライフ】
1【母なる紋章】
2【大地と永遠の神門】



『5色OD』
【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】、【聖鎧亜キング・アルカディアス】の強力なフィニッシュ手段は弱体化したが、【フェアリー・ミラクル】→【龍仙ロマネスク】からの大型展開は健在。むしろ【ソウル・アドバンテージ】を撃たれなくなった事によって妨害されづらくなったともいえる。


『5神』
【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】のお陰でマナ破壊以外の魅力が弱かったこのデッキタイプも、「ゴッドキングダム」により強化された。序盤で墓地に置かれてもマナに送られても【大地と永遠の神門】は大いに役立つ事だろう。
【地神エメラルド・ファラオ】があれば、【創造神サガ】を不滅っぽくする事もできる。

『青黒赤緑5神』
2【海神ブルー・ポセイドン】
2【アクア・サーファー】
2【解体人形ジェニー】
2【黒神龍ドボルザーク】
4【黒神ダーク・インドラ】
4【炎神フレイム・アゴン】
2【爆獣ダキテー・ドラグーン】
4【青銅の鎧】
3【地神エメラルド・ファラオ】

3【エナジー・ライト】
1【サイバー・ブレイン】
1【インフェルノ・サイン】
2【デーモン・ハンド】
1【地獄スクラッパー】
4【フェアリー・ライフ】
1【母なる紋章】
1【英知と追撃の宝剣】
1【憎悪と怒りの獄門】


『ボルコン』
ネックだったブーストからの【ソウル・アドバンテージ】が禁止となり、除去が効かない最大の脅威であった【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】が1枚制限になった事で、再び勢いを盛り返してきそうなデッキ。何しろ大半のカードがクリーチャー除去に割ける為、ビートダウンデッキに相性抜群。青単速攻といえども簡単には突破できないはずだ。


『キリコ』
【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】が1枚となった為にPG型はほぼ不可能。別の形としては【緑神龍ザールベルグ】等によるマナ破壊タイプもある。
【キング】が制限を受けた事も、単色である【キリコ】には追い風となるだろう。

『青赤緑キリコランデス』
3【氷牙レオポル・ディーネ公】
4【蒼狼の始祖アマテラス】
4【緑神龍ザールベルグ】

3【エンペラー・キリコ】
1【超竜バジュラ】

1【サイバー・ブレイン】
2【爆進エナジー・スパイラル】
2【炎晶バクレツ弾】
3【地獄スクラッパー】
4【フェアリー・ライフ】
4【鼓動する石版】
1【母なる紋章】
1【母なる星域】
3【マナ・クライシス】
3【焦土と開拓の天変】

1【ノーブル・エンフォーサー】



『ヒャックメーカウンター』
ST無効の【呪紋の化身】が無くなった事で【霊騎秘宝ヒャックメー】の成功率が上がったが、対策されれば【無双恐皇ガラムタ】に取って代わられるだけのような気もする。
それでも初見で気付かないとあっという間にやられてしまう為、注意しておくに越した事はない。


『黒緑墓地進化速攻』
【ダンディ・ナスオ】で墓地を肥やし、【無頼封魔アニマベルギス】で一気にシールドをもぎ取るビートダウンデッキ。メインとなるアタッカーのコストがとにかく軽く、途切れない連続攻撃が強み。パワーが軒並み2000以下ばかりなので【ノーブル・エンフォーサー】を張られるとつらいが、出される前に相手を沈められる可能性を持つ為、対策を怠ると、あっという間にやられてしまう。青単と共に警戒しておくべき、ビートダウンデッキとなるだろう。

『黒緑墓地進化速攻』
4【ねじれる者ボーン・スライム】
4【福腹人形コダマンマ】
3【冒険妖精ポレゴン】
4【スナイプ・モスキート】
4【ダンディ・ナスオ】
3【天真妖精オチャッピィ】

4【死神術士デスマーチ】
4【鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー】
4【密林の総督ハックル・キリンソーヤ】
4【無頼封魔アニマベルギス】

2【雪要塞 ダルマンディ】


『PGリペア』
身も蓋もない言い方をすると劣化PG。多くのパーツを失ったが、基本となる構造は残った為、色を増やしたり、新たなフィニッシュ手段を搭載したものが予選でも見かけるデッキタイプとなるのではないだろうか。


いくつかのデッキにYoshiki the Deadmanさんのデッキを使わせていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。


デュエルマスターズ スーパーデッキ サーガ DMC-56 ザ・サムライ・レジェンド
デュエルマスターズ スーパーデッキ サーガ DMC-57 ザ・ゴッド・キングダム
11月21日発売。
11/14現在、ゴッド・キングダムがサムライ・レジェンドの約3倍の予約数。
ゴッド・キングダムは品薄になる所もあるかもしれない。

この記事へのコメント

僕はシノビドルゲで出ます
さぁどれで行くかな?
1軍 ヒャックメーspk
2軍 ヘルゲートコントロール
神羅ヘルゲート・ムーンのデッキでどれだけトーナメントで残るか試してみたいですね。たぶん1回戦敗退。
ミス
すみません上記ヘルゲートコントロールじゃなくて星域ヘルゲート(ザルバ型)です。
あとドルゲのデッキはじめて観ました。超高コストですね。今後は青単、ドルゲが制圧しますかねぇ?
でもトーナメントデッキの主力カードが制限掛ったため次弾にまた強力カードが出ると予想します。
楽しみですね
今回の殿堂の影響を受けなかったシノビドルゲや青単、黒緑速攻は有力ですね。
あと、スーパーデッキの発売でゼンアクが増える予感。
>11/14現在ゴッド・キングダムがサムライ・レジェンドの約3倍の予約数。
>ゴッド・キングダムは品薄になる所もあるかもしれない。
あと・・・少し。
枚数が公開されるまで予約は待っておこう・・・
出るならドルゲかHDMかな~?
ヒャクメーかてるのかな?
ハイドロデッキにウェビウスって入らないんですかね?
さぁ、クラウドメイフライ…
公式更新されたのですね。

予選に使うデッキは色々と迷っていたのですが、ニシハラさんの記事を見てとても参考になりました。

有難うございます。

そういえば気になることがあるのですが、ナイトは公式で使われないのでしょうか?^^;

ギャラクシーが規制されましたし、唯一ザンジバルでキリノを早く焼けるので今後流行りそうなのですが・・・^^;

スルーされても構いません。

僕も最初ナイトで出ようと思ってたんですけどやっぱりソウルアドバンテージ使用禁止が痛かったですね(;∂。∂A
シノビドルゲで出ようとおもいます。

しかし、今光がハヤブサマルしか入ってなくて・・・
光入れたほうがいいですかね?
ヴァルディビートは出てこないでしょうか?古いような気が・・・。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
え、自分は出るならヴァルディのつもりですがw
まだまだ5Cは終わっていないはず・・・
キング・PG1でも十分に機能しますし。

まあ、HDMで出るつもりですがw
緑黒墓地進化速攻
もってる・・・。

出るなら速攻で出ようかwwwww
キンコンじゃ、もームリか・・・。
テルス・チェレンコさん緑黒墓地進化速攻デッキは
どんなデッキ何ですか?
できれば教えて下さい
くわしくは、
「デュエルマスターズ秘密基地」
としらべてみてくさい。

そこに書いてます・・・。

余談・・・ちなみに名前の由来は

自分の好きなカードの
・暗黒導師ブラックルシファー
・超竜バハム
・光波の守護者テルス・ルース
・チェレンコ

をあわせましたwwwwwwww
もしくは
「暗黒超竜テルス・チェレンコ」
としらべても
でるか!?
テルスチェレンコさんありがとうございました
初コメです
PGリペアって名前がガンダムみたいですね
サガのポーズもダブルオーっぽい気が

コロコロの記事からマッハ・ルピアのテキストを解読してみました
もし間違っていたらすいません

火 4マナ パワー2000 ファイアー・バード
■ 自分の、名前に<NEX>とあるクリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただしコストは1より少なくならない
■ バトルゾーンにある自分のアーマード・ドラゴンはすべて「スピードアタッカーを得る。「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない
■ 自分のターンの終わりに、このターンにバトルゾーンに出した自分の進化ではないアーマード・ドラゴンをすべて手札に戻す
やっぱりトーナメントに残ってくるのはシノビドルゲ、青単、5色が圧倒的戦力ですね。
また新たなデッキタイプが出ますかね?
俺が持ってるデッキは

・5色キング
・蒼単
・ヴァルディビート

です。
キングには何入れたらいいかなソウアドはロスソってきめたんだけど・・・jキングのところは何を入れたら?クリメモを+1するか・・・宝箱か・・・。うーん。
忍ドルゲはつくるのにどれくらい金がいるんですかね?
PGリペアのサンプル早く見たいなぁ…。(独り言)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター