超CS 環境デッキ予想

20170629Top3.jpg

いよいよ「超CS in 熊本」まであと2週間となった。
どんなデッキが活躍するのか。
あるいは、魔境九州らしく予想もつかない環境となるのか、今から楽しみな人も多いと思う。

ここではこれからの新殿堂環境で活躍しそうなデッキタイプを紹介する。
認識違いなどあったりするかもしれないが、どうか生暖かい目で見ていてほしい。

■「緑ループ」
6/24の殿堂発表により【サンマッド】【鎖風車】が1枚制限となり、これまで通りの動きはできなくなった。なった。なったはずだ。

ループ失敗時に殴り切る勝ち筋はほぼ無くなったが、コスト軽減カードや【ベイBジャック】の卑怯くさい動きは健在。さらにクリーチャーサーチの豊富な緑。いかようにも埋め合わせてくるだろう。
殿堂入りさせた運営側への反骨精神で、超CSを新たなループ発表の場とする可能性もある。会場内に一定数は必ずいるはずだ。
備えよう。




■「モルトNEXT」
【スクランブル・チェンジ】が殿堂入りしたおかげ(?)で、必殺ターンは【メンデルスゾーン】からの正規7マナが支払えるまで延長される事になった。
以前であれば1マナ:→2マナ:メンデルス→5マナ:スクランブル+必殺NEXTパンチの、わずか3ターンで決着する事もそれなりにあったが、
今後は1マナ→2マナ:メンデルス→5マナ:マナ加速→7マナ:NEXTの、4ターン目が勝負となる。
【フェアリーギフト】【スクランブルチェンジ】各1枚はあるが、以前5枚使えたものが2枚になるのは大きいはずだ。
もちろん、それら1枚積みを引き当て従来通りの動きをされる事もあるだろう。
備えよう。




■「ドギラゴンバスター」

ドギラゴンバスターとポチョムキンバスターって音程似てませんか?
【モルトNEXT】と合体しているタイプもあるが、ここでは純粋に【ドギラゴン剣】で倒すデッキを指す。
多色を主軸とし、「デアリバスター」「クローシスバスター」など様々な形が存在する。

多色を主軸とするためとにかく対応力があり、【洗脳センノー】や【オニカマス】など突き刺さるカードはあるものの、出せた所で全く安心することはできない。【ガイアールRe】など超次元以外の手段もある。
前回の殿堂はそれなりに影響を受けたが、今回の殿堂の影響はほぼゼロ。むしろカードプールが増えた事で安全にトドメを刺せる【オニカマス】を積んだりするタイプも登場したりしているようだ。
それでも必殺技は革命チェンジなのは間違いない。コスト踏み倒しへの対策がカギを握るだろう。
備えよう。




■「ロージアダンテ」
白青とか白青黒で構成される。革命チェンジを主軸とした、白いNEXT。
あらゆるデッキに対抗する事ができ、特にビートダウンデッキへの防御力は環境一かもしれない。
呪文をメインとして動く事が多いので、呪文を対策できれば優位に立ちやすいが、
呪文ではないD2フィールド【サイバーダイスベガス】からの【超次元ガロウズホール】【テック団の波壊GO!】がとにかく強力。
特に【波壊GO!】は、これ1枚のために速攻デッキが全く関係ない【禁断】をデッキに搭載する程の強烈な除去カード。
GO is GOD
【カーネル】【ドラゴンズサイン】【ヘブンズロージア】は要注意。
備えよう。




■「ジョーカーズ」
下馬評では数枚の旧いカードが殿堂入りすると予想されていたが、まさかの無傷。
【ニヤリーゲット】の超ドローや【ナッシングゼロ】の即死パンチで環境を大いに温めてくれるだろう。
さらに新2弾で【ワッショイ万太郎】が登場した事により、新たな3ターンキル手段を獲得した。
同じ3ターンキルを可能とするビートジョッキーに比べると殺意は幾分マイルドではあるが、その分柔軟な対応が可能となっている。
【ジョリーザジョニー】の特殊勝利条件も侮れない。
備えよう。




■「ビートジョッキー」
DMRP-02で強化されたデッキタイプ。
理不尽マスターカード【罰怒ブランド】を主軸としたB・A・Dクリーチャーがとにかく速く、3~4ターン以内で大体死ぬ。
通常の速攻は【禁断】のプレッシャーこそあれ、一度防ぎ切れば割と後は脆かったが、【罰怒ブランド】のマスターBADによる場持ちと常時SA付与が本当に怖いので全く安心はできないデッキタイプとなっている。

昔は完全に回ったとして、
1【ブレイズクロー】→2【放浪兵エルジ-ジョ】→3【タイラーのライター】→で4ターン目までに3ターンかけて1+3+3打点勝利。
バイクでも
1チャージ→2【トップギア】→3【豪速ザレッド】侵略【レッドゾーンZ】+【レッドゾーン】→で3ターン目にまで2ターンかけて5+2打点勝利

現在のBADは
1チャージ→2【一番隊チュチュリス】→3【ダチッコチュリス】+【罰怒ブランド】+【ボールBOMBボマー】→で3ターン目までに1ターンで6打点勝利。
と、もう一段進んでいるのが分かるだろう。
純粋に速さを示したかったのだが、・・・バイク強いな・・・

会場がボルツの出身火の国熊本開催という事もあり、それなりにいるはずだ。
備えよう。




■「メタリカ」
コントロール絶対殺すマン。
【奇石タスリク】はパワーが1000増えた【封魔ゴーゴンシャック】
【正義の煌めきオーリリア】は5マナ以下の呪文を封じる。
特に【オーリリア】はこれ1枚で超次元呪文や【聖霊左神ジャスティス】を主軸としたループデッキを機能不全に追い込む事ができる。
並べるタイプの天敵【メガマグマドラゴン】などの全体火力は【青守銀ヘイロー】で底上げして対抗もできるし、【宙の誘い大霧】は除去されにくい踏み倒しクリーチャー。
総じて色々な動きができるものの、メタリカ単体ではどうしても勝利に直結する状況まで時間がかかるので、
【ダースシスK】で自爆させたり、【ベイBジャック】で光臨チャンスを増やしたりするのもいいかもしれない。

ビートジョッキーやジョーカーズなどの高速デッキにはものすごく相性が良くない。
せっかくのラビリンスもシールドが割られてしまっては機能しないからだ。
逆にコントロールデッキには突き刺さるカードが多く、有利に進めていけるだろう。
備えよう。



(「〇〇デッキが無い」などあればご指摘ください。可能な限り予想してみます。)








デュエル・マスターズ DMRP-02 拡張パック 新2弾 マジでB・A・Dなラビリンス!! DP-BOXデュエル・マスターズ DMSP-01 ステキ!カンペキ!!ジョーデッキー BOXデュエル・マスターズ DXカードプロテクト 終の怒流牙 ドルゲユキムラ


この記事へのコメント

ループ系やモルネクのカードが殿堂入りしたので、若干速度が落ちたので相対的に青黒ハンデスが良いところまで来そうかなーと予想。
最近地味に見かけるイメンダーウィンがどこまで行けるのか知りたい
誰か使ってくれないすかね(他力本願)
青赤バイクとか結構成績出してますよね。
No title
オーリリアで止めれないコスト6の天門とか地雷で活躍しそう。
踏み倒しメタも多くてあまり見ないかもしれないけど。
緑t黒のザルバループとかも環境に上がりそうです
青黒ハンデスは楯が脆いのと呪文メタに弱すぎるのが難点かな
BADや呪文のメタが張りやすいサザンが伸びそうな気もする

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター