RevF環境を生き抜く、5色ドラゴンデッキ

20161024TopSE.jpg

RevF環境デッキ紹介。
5色ドラゴンデッキ。

■RevF5色ドラゴン

2【音階の精霊龍 コルティオール】
2【終末の時計 ザ・クロック】
2【龍素記号Sr スペルサイクリカ】
4【青寂の精霊龍 カーネル】
2【トップ・オブ・ロマネスク】
1【三族 ウェカピポ】
2【水晶邪龍 デスティニア】
1【ボルバルザーク・エクス】
1【キング・ボルバルザーク】
2【百族の長 プチョヘンザ】
2【ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン】

3【エナジー・ライト】
2【裏切りの魔狼月下城】
1【地獄門デス・ゲート】
1【セブンス・タワー】
4【ジオ・ブロンズ・マジック】
4【獅子王の遺跡】
1【魂と記憶の盾】
1【英知と追撃の宝剣】
2【蒼龍の大地】





「輝け!デュエデミー賞パック」発売により、さらに強化された多色デッキ。

やり方は最初ひたすらマナを増やす。7マナくらい溜まったら引いたカードを投げつける。
以上だ。

5色ゆえに、何が飛んでくるかわからない読まれ辛さも武器。



【音階の精霊龍 コルティオール】
STでタップさせるドラゴン。革命チェンジもできるが、手札に来てしまったらマナにしよう。


【終末の時計 ザ・クロック】
ターンを終わらす環境最強のS・トリガー。どんな状況でも逆転の可能性を感じさせる問答無用さが魅力。


【龍素記号Sr スペルサイクリカ】
RevFにも出張してきた凶悪性能の畜生カード。【英知と追撃の宝剣】を連射できれば勝ったも同然。なかなかさせてくれないと思うので、最悪序盤に使ったであろうマナ加速を再利用するだけでも。イラストの手のあたりから「7」が放たれている。


【青寂の精霊龍 カーネル】
ある意味真の主役と言える縁の下の力持ちカード。ST、ブロッカー、相手1体行動不可、おまけにプレイヤーも殴れるといいことずくめ。5マナなので【プチョヘンザ】に革命チェンジもできる。


【トップ・オブ・ロマネスク】

デュエデミー賞パックで収録された、新たなロマネスク。5マナで2マナ加速とコンパクトになったが、エンド時の墓地送りがなくなった。これをメリットとするかデメリットと受け取るかは状況次第だが、次のターン8マナになれるのは大変優秀。


【三族 ウェカピポ】
マナ回収できるコマンドドラゴン。減ったマナも自力で増やしてくれるのであまり無駄がない。回収した隙を手札破壊などにやられたりしないようにしたい。


【水晶邪龍 デスティニア】
手札が4枚に増え、相手依存だがクリーチャーのコスト踏み倒しができる。向いてる方角は違うが【サイバー・N・ワールド】みたいなコマンドドラゴン。何が出てもいいし、何も出なくてもいいが、もし【ボルバルザーク・エクス】がめくれたら、
そのゲームは勝ちみたいなものだ。


【ボルバルザーク・エクス】
実はRevFに入っていた。大体いつ出しても強いカード。
【デスティニア】と一緒に使ってNエクスみたいな動きも可能。


【キング・ボルバルザーク】
デュエデミー賞パックで収録された、新たなるボルバルザーク。追加ターン獲得は魅力的なのだが、そのままだと追加ターンは更地からのスタートとなる。
できれば手札に後続のアタッカーを確保して臨みたい。


【百族の長 プチョヘンザ】
相手はマナ送りにするわタップインで行動を縛るわで大活躍の8マナドラゴン。


【ボルメテウス・蒼炎・ドラゴン】
デュエデミー賞で収録された、新たなるボルメテウス。SA、焼却に加え、何よりブロックされないのは本当に強力。
8マナとそれなりに重い上に、パワーは9000とやや小さめなので、一度攻撃できれば十分と割り切るのも大事。


【エナジー・ライト】
マナが増えるだけではトップデッキ頼みとなり、それはそれでスリリングなのだが
手札が欲しい時もあるだろうという事で2枚投入。


【裏切りの魔狼月下城】
多色が4枚マナにあれば相手の手札3枚に干渉できる、ナイスな手札破壊呪文。
2マナと軽いので2ターン目に割り切って使うのもあり。


【地獄門デス・ゲート】
(ほぼ)確定除去呪文。【サイクリカ】で使い回せたりすると強力。墓地の【クロック】や【カーネル】を出して防御もできる。


【セブンス・タワー】
7マナから撃てば次は10マナになる、いろいろおかしいマナ加速カード。


【ジオ・ブロンズ・マジック】
3→5→8の流れとなるので、起点と手札を同時にカバーしてくれる可能性を秘めたこちらを採用。


【獅子王の遺跡】
多色が4枚あれば3マナ加速してくれる多色の友。
この呪文かロマネスクを、3マナ加速の次に使いたい。


【魂と記憶の盾】
確定除去。色も優秀。


【英知と追撃の宝剣】
一度の4枚も相手のカードに触れる凶悪呪文。マナを触れるカードはRevF環境にあまり無いので、何も考えずに使うだけでも強い。


【蒼龍の大地】
マナからクリーチャーがこんにちわ。しかもST持ち。
自分のターンならSA持ちを投げつけたり、
相手のターンなら【クロック】や【カーネル】や【コルティオール】を出して防御もできる。
マナが増えるデッキなので、コスト制限もあまり気にしなくていい。



5色なので、新しいセットが発売されるたびに必ず強化されていく。
おまけに切り札はカッコいいドラゴン。

デュエマを初めてプレイする人はもちろん、離れていた人にもお勧めかもしれない。


売り切れたりプレ値が付いていたりするが、来週再販予定とのこと。


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター