DM28弾レビュー 鶴田風味 自然文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。

【雪溶妖精シャーマン・メリッサ】
コスト2
パワー1000
スノーフェアリー
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。


【シャーマン・ブロッコリー】がスノーフェアリーになった。ともあれ種族が違うだけなので、【シャーマンブロッコリー】と使い方は同じだが、【ダイヤモンドブリザード】と組ませる事ができるようになった。君のデッキに合わせて投入してみるといいかもしれない。こちらの方がコモンである為、集めやすさでは上。


【カブラ・カターブラ】
コスト3
パワー1000
ワイルド・ベジーズ
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。


3マナにしてSTにして殴れる上に任意のマナ回収ができるという、コンパクトながらハイスペックなクリーチャー。これまで緑では似たようなものに【ピクシー・コクーン】があるが、クリーチャー以外も回収できるので、序盤からマナに遠慮なく切札を置いていき、後で回収して使っていく事ができる。無理矢理【ストームクロウラー】を使う為に青を使ったりしなくてもよくなったのは大きいか。よいカード。


【暖氷妖精カオルン】
コスト3
パワー2000
スノーフェアリー
■ターン中に自分のマナゾーンからカードが1枚でも離れていれば、そのターンの終わりに、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


マナが動くと自動でマナ加速する事ができる。マナが壊されたり、【英知と追撃の宝剣】で戻されたりしても、1枚を補充する事で体勢を立て直しやすくする事ができる。しかしどんなにマナが動いても補充できるのは1枚のみなので、頼りすぎは禁物か。誰のターンとは書かれていないので、自分で【母なる紋章】を使ったりしても効果がある。


【密林の残兵ドーナ・ドナ】
コスト3
パワー2000+
ドリームメイト
■自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+3000される。


自軍にしか効果がなくなったが、補正の大きくなった【怒髪の豪腕】とでもいうのか。さておき3マナ2000と小型ながら、並のビートダウンであれば殴るターンは5000~7000とする事ができる。当然、殴り返しには脆いが、そもそもブロックされにくいし、ブロッカーが不在であれば中型のドラゴンすら殴り返せるので、君のデッキがパンチ力不足と感じた場合は、投入してみても良いかもしれない。


【風来の股旅ビワノシン】
コスト3
パワー3000
ワイルド・ベジーズ/サムライ
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札を見る。その中からサムライを1枚選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。


そのままでも3マナ3000と基準値を満たしながら、クロスギアをクロスする事で山札サーチの能力を得る。ともあれ繰り返し使えるドロー効果は間違いなく強力。サムライであれば何でも良いので、【竜装ザンゲキ・マッハアーマー】も引いてくる事ができる。自身がサムライであるため、この場合、非常に相性が良い。反面、ギアが無ければただの【マスクドチェリー】なので、ギアの枚数には注意。


【霊騎デュナス】
コスト3
パワー4000
アーク・セラフィム
能力無し


何の能力も持たないバニラ・クリーチャー。しかしデメリット無しの3マナで殴れるパワー4000は初めてではないだろうか。ともあれ、君のデッキがパンチ力不足だと感じたら、検討してみても良いかもしれない。


【密林の総督ハックル・キリンソーヤ】
コスト3
パワー5000
ドリームメイト
■マナ進化ー自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。


これはすごい。3マナパワー5000の進化と基準値を満たしながら、マナ進化であるため進化元も自力で調達できる。さらにシールドが1枚でもあれば自分のパワーより小さいブロッカーにはブロックされなくなる効果を全軍に付与する効果は極めて強力。リミテッド・構築戦共にゲーム・エンド・カード。小型を並べて固めてくるようなデッキには絶大な効果があるが、そのままだとパワー5000のブロッカーにはブロックされてしまうし、【光陣の使徒ムルムル】が1体でもあると途端に厳しくなるので、パワーを上げたりしてブロックを回避するような仕組みを作ってやると尚良いのかもしれない。


【青銅の鎖鎌】
コスト4
パワー2000
ビーストフォーク
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
■シールド・プラスーこのクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


【青銅の鎧】のパワーが1000上がり、シールドプラスを得た代わりに、1マナ増えた。ともあれ最低でもマナ加速はできるので、6マナ圏以上のカードを主軸とするデッキには【青銅の鎧】の代わりに投入してみても良いかもしれないが、やはり4ターン目から5マナを動かせる【青銅の鎧】の方が、汎用面では優れているかもしれない。シールドプラスがあるので、君のデッキが後半戦主体のデッキで、マナ加速が必要と感じたら、投入してみると良いだろう。もちろん、両方積んでみても構わない。


【パオルネイチャー】
コスト4
パワー3000+
エメラルド・モンスター
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+3000され、「W・ブレイカー」を得る。


そのままでは4マナ3000と非常に頼りないが、シールドフォースにより6000のWブレイカーにする事ができる。フォース先のシールドを割られてしまうと途端に脆くなるので、能力をできるだけ活かす場合はシールドを守るような仕組みが必要となるが、積極的に殴ってくるようなデッキならパワー3000でも十分対抗できる気もする。シールドフォースを持つクリーチャー全般にいえる事だが、ビートダウンを誘発するという意味では、こいつは扱いやすいカードといえる。


【鋭翼の化身】
コスト4
パワー4000
ミステリー・トーテム
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


4マナ4000と今時では頼りないサイズながら、シールドプラスによりシールドを強化する事ができる。しかし他に能力を何も持たないので、その為だけに投入されるかというと、微妙な所。同一コスト圏に【青銅の鎖鎌】があるのも向かい風。


【霊騎キヨマサ・コムソー】
コスト5
パワー3000
アーク・セラフィム/サムライ
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の墓地にある呪文1枚につき、自分の山札の上から1枚、マナゾーンに置いてもよい。


5マナにしてパワー3000と頼りないが、相手の墓地が肥えているほどマナ加速ができる。そういう意味で、序盤に出しても効果は薄いが、呪文を1枚も積まないデッキはあまりないと思うので、後半に出せば一気に大量のマナを確保する事ができるだろう。後半に確保する意味があるかというと微妙な所だが、例えばマナ破壊呪文で君のマナゾーンが削られていても、4マナ残っていればこいつ1枚で大量マナを再展開して立て直す事ができる。何にせよ熊本県民なら、必須カード。


【万象の超人】
コスト5
パワー4000
ジャイアント
■自分のターンのはじめに、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


5マナにしてパワー4000は緑にあるまじきコスト・パフォーマンスながら、いるだけでどんどんマナが増えていく。ランデスデッキにはもちろん、マナのための手札を確保せずに高コストカードも狙い放題となるので、相手にしてみれば思った以上に退かしたい1枚となるのではないだろうか。効果は任意なので山札切れになる事も防ぐ事ができる。何か楽しい事ができそうではないか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【JKパーネイチャー】
コスト5
パワー5000
エメラルド・モンスター
■このクリーチャーが攻撃する時、相手とジャンケンで勝敗を決めてもよい。自分が勝った場合、バトルゾーンにある相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
■相手がジャンケンで「チョキ」を出した時、自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置いてもよい。


5マナにしてパワー5000は常識的に考えてわずかに力不足ながら、ジャンケンで勝てばマナ送りのアタック・トリガーが発動する。しかも「チョキ」を出させるとマナ加速ができるが、常識的に考えてこいつが動けるようなタイミングでの効果としてはやや頼りないか。なので狙って「チョキ」を出させるようなカードと組み合わせると良いのかもしれない。


【白虎神テンセイ】
コスト5
パワー5000+
ゴッド/サムライ
■G・リンク《朱雀神ガリョウ》の右横。
■このクリーチャーがリンクしている時、このクリーチャーにクロスギアをコストを支払わずにクロスしてもよい。
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時。このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーは、シールドをさらに1枚ブレイクする)


G・リンクさせてしまえば【ボルベルグ・クロス・ドラゴン】のような動きを行いつつ、ギアによってT・ブレイカーになる事ができる。しかし単体では何の能力も持たないので、可能であれば先に【ガリョウ】やクロスギアを出しておくと良いだろう。


【天狗の化身】
コスト6
パワー5000+
ミステリー・トーテム/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+4000され、「W・ブレイカー」を得る。


6マナ5000はやや力不足ながら、侍流ジェネレートでギアを展開することができ、さらにアクセル能力で9000のWブレイカーとなる事ができる。効果が自身で完結しているので扱いやすいといえるが、パワーがいくら大きくても勝利には直結しないので、クロスさせるギアをよく考えて投入すると良いだろう。


【動脈の超人】
コスト6
パワー6000+
ジャイアント
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
■このターン、自分のマナゾーンから1枚でもカードが離れていれば、このクリーチャーのパワーは+7000され、「T・ブレイカー」を得る。


6マナ6000Wブレイカーとなかなかのパンチ力だが、君ののマナゾーンが動けば13000のTブレイカーとする事ができる。効果は1ターンのみなのでやや安定性に欠けるかもしれないが、上記の【カブラ・カターブラ】すらトリガーとするので、思ったより強化元の範囲はあるのかもしれない。一応、【超竜バジュラ】に殴られても相討ちに持ち込めるので、意外な使われ方をされるのかもしれない。


【緑神龍ガムス・謙信】
コスト7
パワー6000
アース・ドラゴン/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■このクリーチャーが破壊された時、クロスギアを1枚、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


意地でもクロスギアを場に残すドラゴンサムライ。さておき自身のパンチ力はやや控えめなので、侍流ジェネレートでギアによるサポートが必須となるだろう。死んでもギアが墓地から出てくるがギアは破壊されにくい事が特長でもあるので、自ら墓地に落としていくような仕組みでもない限り、そうそう狙えるものではないが、どんなギアでも場に戻せるので、今後大型のギアが出てきた場合などに、出番があるかもしれない。


【超神龍バリアント・バデス】
コスト8
パワー0000+
アース・ドラゴン
■マナ進化GVー自然のクリーチャーを3体まで自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■このクリーチャーは、このクリーチャーの下に重ねたカードの合計のパワーを持つ。
■このクリーチャーは、パワーが6000以上の時、「W・ブレイカー」を得る。
■このクリーチャーは、パワーが12000以上の時、「T・ブレイカー」を得る。
■このクリーチャーは、パワーが18000以上の時、「Q・ブレイカー」を得る。


8マナにしてパワー0と3体進化にあるまじきサイズながら、マナ進化であるため進化元はなんとかなる。しかし進化元もそれなりのパワーでなければ、こいつの最大必殺技であるQ・ブレイカーを持たせるのは難しい。進化元3体の合計パワーであるので、スレイヤーでもない限り殴られて死ぬような事はあまりないが、DMはパワーが大きくても勝てる訳ではないので、過信しないように。【ロイヤルドリアン】と併せれば、進化元にした3体をノーコストで場に出せるので、そういうデッキに投入してみると良いのかもしれない。


【大宇宙シンラ】
コスト8
パワー15000
ジャイアント
■進化ー自分のジャイアント1体の上に置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分のクリーチャーをすべてマナゾーンに置く。その後、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分自身のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。


タイマン誘発ジャイアント。こいつが出るだけで、バトルゾーンはお互い1体になる。さらに進化であるので、こいつを残せばそのまま殴りに行く事ができるだろう。しかし自身はパワー以外の回避能力を何も持たないので、そもそも相手が単騎で攻めていくようなデッキであったり、スレイヤーを残されたりすると厳しい状況になるが、この豪快さはなかなかのもの。マナ送りなので破壊されたときの効果も使われないし、何か楽しい事ができそうではないか。


【ルナティック・エナジー】
コスト2・呪文
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+4000される。


【グローリー・マッスル】が1マナ増えただけでSTが付き、全体効果になった。ともあれよほどマナを切り詰めたりしていない限りこちらを使っていく事になるだろう。2マナと軽いので、速攻デッキのサポートとしても扱えるし、+4000は【地獄スクラッパー】を紙屑にする。上記の【ハックル・キリンソーヤ】と併せれば全軍ほぼアンブロッカブルとする事ができる。ともあれ手軽に自軍を強化したいと思ったら、このカードの出番だ。


【鼓動する石版】
コスト2・呪文
■自分の山札の上から1枚目を、マナゾーンに置く。そのカードがクリーチャーであれば、このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+2000される。


【フェアリー・ライフ】がSTを失った代わりに、やや限定的ながらクリーチャー強化が付いた。ともあれ手札を消費せずにマナ加速ができるので、2→4→6と繋ぎやすくなったのはありがたい。これまで【幻緑の双月】で補っていた8枚体制の部分をこいつで補う事ができるかもしれない。やや運が絡むが、後半引いても無駄になりにくいので、手札を消費せずにマナ加速したいデッキには、予備の【フェアリーライフ】として投入される事もあるかもしれない。


【覇翼 フェアリー・アクセラー】
コスト1
■サムライ クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


緑のアクセラーはマナ加速。1マナと軽いので展開の邪魔になりにくいし、手札を消費せずにマナ加速ができるので、序盤から攻めていくようなデッキと相性が良く、例えば【スナイプ・モスキート】をマナ回収+マナ加速の自己完結エンジンとする事もできる。君ならどんな使い方をするだろうか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【鬼装 オーガ・フィスト】
コスト3
■サムライ クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーのパワーは、そのクリーチャーのコストの数だけ+1000され、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。


コストの数だけパワーが増える珍しいギア。さらに小型にはブロックされないといい事ずくめだが、普通のクリーチャーにクロスさせていくには3マナはやや悠長かもしれないし、大きなパワーが得られるようなコストの高い大型はもともとそれなりのパンチ力を持つ事が多い。しかし【アクア・サーファー】のようなシールド・トリガー・クリーチャーは総じてコストに対してパワーが低めに設定されているので、そういうクリーチャーを強化していきたいと思ったら、出番があるかもしれない。


【叫鬼 ジャミング・ビート】
コスト4
■サムライ クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、相手の呪文を唱えるコストは1多くなる。
■呪文の効果で相手がバトルゾーンのクリーチャーを選ぶ時、相手はこのカードをクロスしたクリーチャーを選ぶことはできない。


クロスギアにして4マナと重量級ながら、あるだけで相手の呪文が1重たくなる効果はなかなかのいやらしさ。さらにクロスさせれば呪文限定ながらアンタッチャブルにする事ができるので、呪文に頼るようなデッキには劇的な効果が期待できるかもしれないが、クリーチャーによる干渉には無力なので、君の周りが偏った呪文デッキばかりである場合は投入してみても良いかもしれないが、ビートダウンデッキが流行している場合は投入すべきではない。良くも悪くも、環境に左右されるカードといえる。

この記事へのコメント

ついに完結ですね!
お疲れ様でした!
味のあるコメントが良かったです(^^)

普通のカードリストよりやっぱり見応えが違いますね(^^)
ジャギラさん>ありがとうございます( ´∀`)
こういうメッセージをいただける事が、何よりの励みになります。
ちわ(^-^)/
とうとう完成しましたね!

(^O^)/

かなり膨大な時間を費やしたんじゃないかと思います。

最後迄、楽しく読ませていただきました!

お疲れ様でした!

m(__)m
大蛇丸さん>遅くなりましたが、ありがとうございます( ´∀`)
かかった時間は思い出したくもないのですが、出来上がったのを見直すと、自己満足ながらも充実感がありますね。
今度、前のBlogのをこっちに引っ越してこようか計画中です。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター