DM28弾レビュー 鶴田風味 火文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。


【ライジン・ドラグーン】
コスト2
パワー1000+
ティラノ・ドレイク
■このクリーチャーがクリーチャーを攻撃する時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+4000される。


殴れる2マナのドレイクは【闘竜炎霊パイロン】に続き、単色では初。大抵の場合デメリットなどがありそうだが、クリーチャー限定のパワーアタッカーがあるのみ。むしろメリットといえる。さておきデメリットの無い2マナドレイクはたいへん貴重。【衝撃のロウバンレイ】との相性も抜群。ティラノ・ドレイクデッキにはもちろん、速攻デッキにも投入されそうな1枚。


【ポッポ・弥太郎・パッピー】
コスト2
パワー2000
ファイアー・バード/サムライ
■セイバー:ドラゴンまたはサムライ・クリーチャー(自分のドラゴンまたはサムライ・クリーチャー1体が破壊される時、このクリーチャーをかわりに破壊してもよい)


【ロッポ・ロッポ】がフェニックスの代わりにサムライをセイバーできるようになり、コストが1下がった。【ポッポ・チャッピー】と比べると時代の流れを感じてしまうが、ほぼ完全上位互換である。2マナと現在最軽量のサムライであり、28弾の様々なサムライのサポートを受ける事ができる。パワーも2000あるので、【青銅の鎧】等に殴り返されないのも魅力。自身がサムライである為、こいつが2体いればお互いをセイバーして2体とも生き残る事ができる。いずれにせよ、サムライデッキなら、必須カードといえるのではないだろうか。


【ライラ・ラッタ】
コスト2
パワー3000
ファイアー・バード
■このクリーチャーが攻撃された時、自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。


殴れる2マナ3000とかなりのコスト・パフォーマンス。殴られるとシールドが割れてしまうが、 速攻デッキにとっては擬似ドローともいえる。他にデメリットらしいものが見当たらないので、今後多くの速攻デッキに投入される事になるかもしれないが、手札に入るシールドにはSTが使えない為、例えばこいつよりパワーの劣る相手にわざと殴られたりすると、STが使えず次々とシールドを失うような事も考えられる。注意。


【牛若剣士トドロキ】
コスト3
パワー1000
ヒューマノイド/サムライ
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにしてもよい。その中からクロスギアをすべて自分の手札に加え、その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。


3マナ1000と力不足ながら、CIPでクロスギアに対する擬似ドローができる。デッキに投入されるクロスギアの枚数によっては出番があるかもしれないが、そこまでクロスギアを積んでいるかというと、微妙な所。しかし赤で山札操作とドローができるのは非常に珍しいので、何かのきっかけがあれば投入される事もあるかもしれない。


【爆撃闘士カーバイン】
コスト3
パワー1000+
ヒューマノイド
■パワーアタッカー+3000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+3000される)


3マナ1000でパワーアタッカー3000。アタッカーとしては標準といえるかもしれないが、その為だけに激戦区の3マナ圏を割くかというと、どうだろうか。正直これを使うぐらいなら【暴走番長ギャラン】の方がまだブロックされにくい分、使いやすいような気もする。


【羅神兵デュアル・又左】
コスト3
パワー2000+
アーマロイド/サムライ
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+3000され、「スピードアタッカー」を得る。


3マナ2000ながら、クロスする事で3マナ5000となり、おまけでSAになる事ができる。しかしSAになる為にはやや遠回りなので、よほどマナが潤沢でない限りはパワーが増えるのみとなるかもしれない。そうなると【武装兵ミステリアス】がドラゴンとなるので、どちらを選ぶかは君のデッキにかかっているが、後半も無駄にならないといえば、そうなのかもしれない。


【隠れんぼの達人コンコーン】
コスト3
パワー3000
ドリームメイト
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーは攻撃されない。


3マナ3000と標準サイズながら、シールド・フォースにより殴られなくなる。つまり、殴り返されるには最低2回攻撃されなければならない。相手にとってみればフォース先のシールドを早めに割ってしまいたいので、それを考えれば擬似ドロー誘発効果といえるのかもしれない。そうでなくともフォース先のシールドさえ確保すればパワーが2000高い【クック・ポロン】である。何か面白い事ができるかもしれない。


【ブレードグレンオー・マックス】
コスト3
パワー4000
フレイム・モンスター
■マナ進化ー火のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のタップされているパワー3000以下のクリーチャーを1体、破壊する。


これはすごい。マナ進化なので進化元に悩む事なく、わずか3マナにしてパワー4000の限定火力付きSAは明らかにおかしなコスト・パフォーマンス。赤単速攻にはもちろん、赤を絡めたビートダウンデッキにも難なく投入されそうな1枚。今後のメタ・ゲームでよく見かけることになりそうだ。


【トランス・ドラグーン】
コスト3
パワー5000
ティラノ・ドレイク
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


3マナ5000と非常に優れたコスト・パフォーマンスを持つが、マナ1枚を犠牲とする。序盤から仕掛けていくようなデッキにはもう1つのシールド・プラス能力が活きてくるので、全体として噛み合っている。ティラノドレイクを中心としたビートダウンデッキには、出番があるかもしれない。


【モエルグレンオー】
コスト4
パワー0000+
フレイム・モンスター
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
■このクリーチャーのパワーは+11000され、「W・ブレイカー」を得る。


燃えるグレンオー。さておきそのままではパワー0だが、シールドフォースにより4マナ11000Wブレイカーとなる。このコスト域でこのパンチ力はかなりのものだが、フォース先のシールドを割られたり、シールドが1枚も無い時に出しても死んでしまうので、何かでシールドを守ってやるような仕組みが必要となるだろう。いったん動き出せばなかなか止められるものではないので、殴ってこないようなデッキには効果があるかもしれない。


【パワーフォース・ドラグーン】
コスト4
パワー2000+
ティラノ・ドレイク
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーは「パワーアタッカー+6000」と「W・ブレイカー」を得る。


上記の【モエルグレンオー】に比べて、こいつはシールドが無くても出す事ができる。後の使い方は【モエルグレンオー】と同じなので、君のデッキと周りの環境に合わせて投入していく事になる。もちろん、両方投入してみても構わない。


【JK野郎チョッキー】
コスト4
パワー2000+
ヒューマノイド
■このクリーチャーがバトルする時、相手とジャンケンして勝敗を決める。自分が勝った場合、そのターン。このクリーチャーのパワーは+5000される。
■相手がジャンケンで「グー」を出した時、相手は自分自身のマナゾーンからカードを1枚選び、墓地に置く。


バトルするたびにジャンケンを行い、うまくすればパワーが上がり、マナを削る事ができる。常識的に考えてマナが削られるのは多くのデッキにとってたいへん厳しいので、普通はチョキかパーしか出す事はできない。なのでチョキを出し続ければ最悪でも引き分けまで持ち込む事ができるだろう。その場合、パワー7000は殴り返しやブロックするデッキには効果的。しかし能力はバトルしないと意味がないので、常識的に考えて火力等にはあっさりやられてしまうし、君の友達も裏をかき、あえてグーを出してくるかもしれない。常識的に考えて。


【エッジアーム・頼光・ドラグーン】
コスト4
パワー4000
ティラノ・ドレイク/サムライ
■このクリーチャーがナイトとバトルする時、自分の山札を見る。その中からクロスギアを1枚選んで相手に見せ、自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。


4マナ4000はやや力不足ながら、バトルする時にクロスギアを引いてくる事ができる。しかしその対象はナイト限定であり、なおかつタイミングはバトルする時~なので、やや確実性には欠ける。君の周りにナイトデッキが大流行していて、サムライデッキで挑もうと思う場合は投入してみても良いかもしれないが、どうかな。


【アッシュグレンオー】
コスト4
パワー5000
フレイム・モンスター
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分の手札に戻す。


【襲撃者エグゼドライブ】のパワーが2000上がり、コストが1増えた。ともあれ【エグゼドライブ】に比べるとパワーが増えた分相手ブロッカーに潰されにくくなっているが、1マナ増えているので従来の赤単速攻デッキのようなスピード命の中に投入されるかどうか微妙な所か。毎ターン手札に戻る能力自体は対処法も限られる強力なものなので、序盤から中盤にかけてのプレッシャーとしては十分。


【直進兵ワッショイエクスプレス】
コスト5
パワー1000
アーマロイド
■「スピードアタッカー」を持つ自分のクリーチャーすべてのパワーは+2000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。


ワッショイ。
さておきスピードアタッカー限定ながら、全体強化と追加ブレイク付与は間違いなく脅威。かといって赤単速攻のようなデッキに投入されるには、自身の5マナというコストがネックになる。パワーも1000しかないので簡単にやられてしまうが、1ターン持てばきっと相手を殴り切れるに違いない。【バザガジール・ドラゴン】がパワー10000になり、Tブレイカーとするような事も可能だが、君ならどんな使い方をするだろうか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【風来の雲ベンケイ】
コスト5
パワー5000
ドリームメイト/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)


5マナ5000と標準サイズながら、侍流ジェネレートでクロスギアを即出しする事ができる。次のターンから【バジュラズ・ソウル】や【ザンゲキマッハアーマー】が起動してくると考えると非常に恐ろしいが、手札にギアが無いとただのバニラなので、ギアを手札に確保するような仕組みと組み合わせると良いだろう。地味に【ノーブルエンフォーサー】も出せるので、殴り返し要員と攻撃ロックを同時に行ったりする事ができる。


【朱雀神ガリョウ】
コスト5
パワー5000+
ゴッド/サムライ
■このクリーチャーが攻撃された時または相手によって選ばれた時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。
■G・リンク《白虎神テンセイ》の左横(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、どちらか1枚を選ぶ)
■このクリーチャーは、リンクしている時「W・ブレイカー」を得る。


相手に何かされると5000火力を飛ばしてくれるゴッド。さらにリンクしていれば10000火力となる。すばらしい。火力を避けて退かすには【龍神ヘヴィ】のようなプレイヤーを対象とする除去や、全体効果等の対象を取らない方法しかない。相手によって選ばれれば能力は使えるので、思ったより広い使われ方をされるのかもしれない。ともあれ相手にとってみればたいへんうっとうしい、ナイスアタッカー。


【竜将ボルベルグ信玄】
コスト7
パワー6000
アーマード・ドラゴン/ヒューマノイド/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のサムライ・クロスギアを1枚、コストを支払わずにこのクリーチャーにクロスしてもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


7マナ6000とやや物足りないサイズながら、侍流ジェネレートによりクロスギアを連続展開でき、さらにそのままクロスする事ができるので、パンチ力はギア次第ながらサポートできる。そのままではスピードアタッカーを持たない為に奇襲性は薄いが、サムライ。クロスギアならどんなギアでもその場でクロスできるので、今後、高コストなサムライ・クロスギアが出てくる場合に備えて覚えておくべき1枚かもしれないが、【ボルベルグ・クロス・ドラゴン】に比べて通常のギアはクロスするコストを踏み倒す事はできない。注意。


【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】
コスト7
パワー7000
アーマード・ドラゴン/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■各ターン、このクリーチャーが初めてタップした時、アンタップする。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


ついに登場した2回行動可能なドラゴン。【メタルカオス・ドラゴン】に比べると恐ろしい完全上位互換となる。ともあれ単体で2回攻撃してシールドを4枚割ってみたり、能力を付与して2回ブロックしたり、2回タップトリガーを使ってみたりできる能力は極めて強力。イニシエートデッキによる天敵【電脳聖者タージマル】のタップキル攻撃にも、1回は起き上がる事でやられにくくなっている。すばらしい。リミテッドのみならず構築戦でもゲーム・エンド・カード。さらに侍流ジェネレートでクロスギアをついでに展開する事ができる。今後のサムライ・デッキには必須カードといえるのではないだろうか。


【超神星アレス・ヴァーミンガム】
コスト7
パワー11000
フェニックス
■マナ進化Vー火のクリーチャーを2体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその2体の上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■メテオバーンーこのクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のコスト3以下の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて破壊する。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


7マナにしてV進化と重量級ながら、マナ進化であるため通常のV進化に比べると出しやすくなっている。さておきメテオバーンで2回まで相手の3マナまでのブロッカーを全滅させる事ができる。現在、3マナ以上のブロッカーが積まれる事は稀であるので、赤の天敵である【電脳聖者タージマル】や【光陣の使徒ムルムル】等をまとめて薙ぎ払えるのは大きい。一応、【ストーム・クロウラー】や【黒神龍ドボルザーク】等は残ってしまう。注意。


【獅子幻獣砲】
コスト3・呪文
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊するか、バトルゾーンにある相手のクロスギアを1枚選んで持ち主の墓地に置く。


【幻竜砲】がクロスギアも割れるようになった。そういう意味で、完全上位互換となる。ともあれ3マナSTと軽く、ギア破壊と火力のどちらもできるようになったので腐る事がなくなった。今後のクロスギアの流行次第では出番があるだろうし、深く考えずに火力STのスロットをこいつに割いておくだけでも役に立ってくれそうだ。そういう意味で、クロスギアは若干壊れやすくなったといえる。


【炎刃 ズバット・アクセラー】
コスト1
サムライ
■クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーは「パワーアタッカー+3000」を得る。(「パワーアタッカー+3000」を得たクリーチャーのパワーは、攻撃中、+3000される)


クロスしたクリーチャーにPA+3000を付与するギア。1マナと軽く、展開の邪魔になる事はあまりないと思うが、それだけに能力もいまいち頼りない。君のデッキが序盤から攻めていくようなデッキで、相手が低コストのブロッカーで固めてくるようなデッキである場合には、出番があるかもしれない。


【竜装 ムシャ・レジェンド】
コスト3
サムライ
クロスギア
■これをクロスしたクリーチャーは、種族にアーマード・ドラゴンとサムライを追加し、パワーが+2000され、名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する。
■これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。


これさえあれば、誰でも【ボルメテウス・武者・ドラゴン】。アタックトリガーで6000火力も飛ばせるし、【ザンゲキマッハアーマー】だろうがタダでクロスできる。そういう意味で、【武者ドラゴン】を主軸とした
デッキに投入するものと思われるが、それなら最初から【武者ドラゴン】を積んでおけばいい。使い方が難しいカードなのかもしれない。一応、【ムシャ・ルピア】にこいつをクロスさせれば、殴る度に6000火力を飛ばしつつ、シールドを削り、そして増やす自己完結型のアタッカーができる。しかし【ボルシャック・大和・ドラゴン】の12000火力はオリジナルの【武者ドラゴン】でないと扱えないので注意。


【竜装 ザンゲキ・マッハアーマー】
コスト4
サムライ
クロスギア
■このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
■このカードがドラゴンまたはサムライ・クリーチャーにクロスされている時、バトルゾーンにある自分のドラゴンまたはサムライ・クリーチャーのパワーは+2000され、「スピードアタッカー」を得る。
■このカードは、コストを支払わずに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にクロスしてもよい。


4マナとギアの中では重量級ながら、置いてあるだけでドラゴン・サムライのコストを軽減し、クロスされていれば(ほぼ)全体強化とSA化の奇襲攻撃を可能とするとんでもないカード。見たらすぐに破壊しないとあっという間に不利となる、マスト除去となる。3つ目の能力上【武者ドラゴン】との相性が良いが、【武者ドラゴン】がいなくても能力は使える。ともあれサムライデッキには、必須カード。

この記事へのコメント

ボルバル違いますよ!!侍デッキにじゃなく、MTO団にですよww
はじめまして
こちらの情報にはいつもお世話になっています。

1つだけ気になった所がありますので書かせていただきます。

ボルベルグのクロス出来るカードは「サムライ・クロスギア」のみになってます。
松っん☆君>なるほどそうだったか!!しかしSR(ノ∀`)


FRさん>はじめましてー。
ご指摘の通りでした。修正しておきます。

・・・寝ぼけてたとしか思えません(ノ∀`)
ちわ(^-^)/
ドンマイです!

(^_^)

残り1文明ですねぇ~

ワクワク。

(゜▽゜)
大蛇丸さん>そういう訳で頑張りました(;´Д`)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター