DM28弾レビュー 鶴田風味 闇文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。


【爆鯨人形ボムラーワン】
コスト3
パワー1000
デスパペット
■スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)


【嘆きの影ベルベット・フロー】がデスパペットになった。ともあれ3マナにしてパワー1000と貧弱ながら、殴れるスレイヤーであるので、バトルに関する限り何かしらのアドバンテージを君にもたらしてくれるだろう。しかし【ベルベットフロー】がメタ・ゲームに登場した事は、筆者の記憶する限りあまりないので、何らかの種族を活かしたデッキで使う事になるはずだ。


【封魔アルバラム】
コスト3
パワー1000+
グランド・デビル
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+4000される。


ブロッカーのくせに3マナ1000と貧弱ながら、シールド・フォースにより、指定したシールドがある限り3マナ5000のブロッカーとなる。同一サイズに【玉砕秘宝バイラ】があるが、こちらは何度ブロックしても大丈夫だ。当然、相手もそれは分かっているので、フォース先のシールドを優先してブレイクしてくるだろうが、自身でそれを防ぐ事ができるので、他のシールド・フォース・クリーチャーに比べ、場持ちはよい。


【JK人形ボッコグー】
コスト3
パワー2000
デスパペット
■相手がジャンケンで「パー」を出した時、相手は自分自身の手札を1枚選び、捨てる。
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次の能力を使ってもよい。
TT:相手とジャンケンで勝敗を決める。自分が勝った場合、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーは-3000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される)


これはおもしろい。殴れる3マナ2000と基準値を満たしながらジャンケンを行う事で、勝てば相手クリーチャーをタップだけで除去できる。おまけに「パー」を出させれば手札破壊もついでに行う事ができる。手札が残っている場合は常識的に考えて、相手は「パー」を出したくないだろうから、「グー」か「チョキ」を出す事だろう。なのでこちらが「グー」さえ出していれば最悪でもあいこという強力な心理ロックが完成する。パワーを下げるのは勝敗が決まった後なので、相手にしてみれば手札を失ってでも守るべきクリーチャーかどうか決めるタイミングがないのもいやらしい。常識的に考えてジャンケンデッキなら、必須カード。


【邪法カルネイシ】
コスト3
パワー3000
ダークロード
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。
そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーがブロックした時、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。


3マナ3000とダークロードにしては軽く、進化元として期待できる。さらにシールドフォースで墓地回収が可能となるが、当然、相手もそれは分かっているので、フォース先のシールドを優先してブレイクしてくるだろうが、自身でそれを防ぐ事ができるので、他のシールド・フォース・クリーチャーに比べ、場持ちはよい。相手に攻撃をためらわせる事ができる、良いカード。


【罠々男】
コスト3
パワー3000
へドリアン
■このクリーチャーが攻撃された時、そのターン、このクリーチャーは「スレイヤー」を得る。(「スレイヤー」を得たクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)


【爆弾人形ニヤーリ】のコストが1増えた代わりに、へドリアンになり、パワーが2000増えた。ともあれ【超電磁妖魔ロメール】を使用する場合はこちらの出番となるだろうが、【ニヤーリ】が活躍した事は筆者の記憶する限りあまりないので、こいつが同じ運命を辿るかどうかは君にかかっている。


【ガルデス・ドラグーン】
コスト3
パワー5000
ティラノ・ドレイク
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを1枚墓地に置く。
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


殴れる3マナ5000と単色ではかなりのコスト・パフォーマンスながら、出た時にシールドを失ってしまう。たいていの場合はこれでおしまいなのだが、そこは戦国編。シールド・プラスでささやかながらシールドをフォローする事ができる。しかしシールドが1枚も無い場合はこの能力は使えないし、自身であらかじめシールドを失うので、2枚以上のシールドが無ければ意味がない。もっとも、シールドが1枚も無ければ自身のデメリットもなくなる訳だが。いずれにせよ、ティラノドレイクを使用したビートダウンデッキなら、出番がありそうだ。


【邪眼銃士アレクセイ侯】
コスト4
パワー1000
ダークロード/ナイト
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるサムライまたはクロスギアを1枚、持ち主の山札の一番下に戻してもよい。


筆者の記憶する限り、山札の下へ送る事ができる初めてのカード。4マナ1000と非力ながらSTがあり、殴れるナイトである。相手がサムライやクロスギアを出している場合は山札の下へ送る事で擬似的な除去として機能する事だろう。自分のクロスギアも対象にできるので、例えば【ノーブルエンフォーサー】でのロックを外していく事もできるし、さらにサムライであれば【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】も山札送りにする事ができる。君のデッキが黒を使っていて、サムライ・デッキやクロスギアに対抗したいと思うなら、このカードの出番だ。


【ヤミノリミット】
コスト4
パワー4000
ダーク・モンスター
■相手のシールドが4枚以上の時、相手は自分自身の「S・トリガー」を使えない。


4マナ4000と標準サイズにしてシールド・トリガーを封じる能力はいうまでもなく強力。もっとも、その為には相手のシールドが4枚以上なければならない訳だが。通常であれば、いるだけで1回目のブレイクはST無効にする事ができる。さらにW・ブレイカー等の複数ブレイクする場合は一度にブレイクするのでその分STを無効にする事ができる(事務局回答保留)。【呪紋の化身】と比べるのは酷かもしれないが、何か楽しい事ができそうではないか。


【750男】
コスト4
パワー4000
へドリアン
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを1枚選び、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。


【邪剣バラガ】【三面怪人アシュラファング】がヘドリアンになった。ともあれ4マナ4000となかなかのサイズなのだが【暴発秘宝ベンゾ】と違いSTを使う事はできない。パワーが1000しか差がない事を考えるとあちらの方が使い勝手が良さそうだが、君がシールドを犠牲にしたスーサイドなデッキを使用していて、何らかの理由でヘドリアンでなければならない時とか、そういう場合は出番があるかもしれないが、どうかな。


【ヤミノサザン】
コスト5
パワー3000
ダーク・モンスター
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、相手のクリーチャーすべてのパワーは-1000される。


【魔城の黒鬼オルガイザ】がダーク・モンスターになってコストが1下がり、シールド・トリガーを得た代わりにパワーが3000下がり、W・ブレイカーを失った。ともあれ相手のみに働く全体除去はいうまでもなく強力。-1000という威力はやや頼りないかもしれないが、速攻デッキや【青銅の鎧】などを退かすには十分。そういう意味でSTというのは柔軟性が上がったといえるだろう。君の周りに小型の速攻デッキが流行している場合、投入してみるのもいいかもしれない。


【アングリーチャージ・ドラグーン】
コスト5
パワー4000+
ティラノ・ドレイク
■自分のシールドが3枚以下の時、このクリーチャーのパワーは+3000され、「W・ブレイカー」を得る。


そのままでは5マナ4000とやや物足りないが、シールドが3枚以下であれば5マナ7000Wブレイカーとかなりのハードパンチャーとなる。黒にしては珍しくデメリットもないので、中速で攻めていくようなデッキに出番がありそうだが、同一コスト域には【封魔ガルマジアス】がある。どちらを選ぶか、君のデッキとよく相談してみよう。もちろん、両方投入してみても構わない。


【邪眼の毒蛇エウドキア卿】
コスト5
パワー4000+
デーモン・コマンド/ナイト
■自分が呪文を唱えた時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+3000され、「W・ブレイカー」を得る。


上記の【アングリーチャージ・ドラグーン】と比べ、こちらは呪文を唱えるだけでパワーアップする事ができるナイト。しかしその効果は1ターンのみ。筆者は継続してパワーアップできる方が好みだが、君はどうだろうか。一応、何度も呪文を唱えればそれだけパワーも増えていくので、軽量呪文を連打するようなデッキと相性が良いのかもしれない。


【封魔ズルメル】
コスト5
パワー5000
グランド・デビル
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


殴れる5マナ5000とやや力不足ながら、シールド・プラス能力を持つ。癖がないので扱いやすいともいえるが、逆に言えば個性が無いという事でもある。つまり、そういう事だ。


【魔光神ルドヴィカII世】
コスト5
パワー5000+
ナイト/ゴッド
■このクリーチャーは、このターンに自分が唱えた呪文1枚につき、シールドをさらに1枚ブレイクする。
■G・リンク《魔光神レオパルドII世》の左横。
■このクリーチャーは、リンクしている時「W・ブレイカー」を得る。


これはすごい。5マナとやや重めであるが、呪文を唱えただけで追加でシールドをブレイクする事ができる。【ドラゴン・ラボ】のような連打できる軽量呪文と併せれば、あっという間に5枚ブレイクを達成する事ができるだろう。もっとも相手にとっても最優先で退かしにかかってくるだろうが、こいつはG・リンクするとアンタッチャブルになる。そうなると対処できる手段が非常に限られてくるので、速やかにゲームを決めてしまう事ができるだろう。【龍神ヘヴィ】やGリンクした【ヘヴィメタル】等には無力である為、もったいない死に方をしないように。


【死皇帝ベルフェギウス】
コスト6
パワー3000
ダークロード
■マナ進化ー闇のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■クリーチャーがアンタップする時、そのクリーチャーの持ち主は、アンタップさせなくてもよい。
■バトルゾーンにある他のクリーチャーがアンタップする時、そのクリーチャーを破壊する。


おそらくDM初の「アンタップしたら死なす」カード。進化にして6マナ、パワー3000はやや貧弱ながら、マナ進化であるため出せなくて困るというような事はなさそうだ。さておきアンタップするだけで死んでしまうので、相手はこいつがいる限りうかつには殴れないし、ブロックもやりづらくなる。そうやって時間を稼がれている間に勝負を決めてしまうような使い方をされるものと思われるが、自軍もアンタップすると死んでしまうので、使い捨ての呪文やサイレントスキルによるタップ手段との相性が良さそうだ。
弱点としてはやはり自身の貧弱さと、【光器ペトローバ】のようなアンタッチャブルクリーチャーには手が出せない点。うまくすれば強力な制圧能力を得られるので、デッキを作る価値は十分にある。


【滅城の獣王ベルヘル・デ・ディオス】
コスト6
パワー6000
デーモン・コマンド
■このクリーチャーが攻撃する時、自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、カードを2枚まで引く。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


6マナ6000W・ブレイカーとなかなかのパンチ力を持ちながら、【邪魂転生】のアタック・トリガーを持つ。効果発動は任意なので、無理に破壊しなくても良いし、攻撃は中止されるが自身を破壊して2枚引く事もできる。1体しか破壊できないので引ける上限は2枚までだが、破壊された時に効果のあるクリーチャーと併せる事で、より積極的に攻めていけるようになる。総じて高次元でバランスの取れた、よいカードである。


【邪眼皇ロマノフI世】
コスト7
パワー8000
ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、自分の墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇のコストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


これはひどい。7マナ8000W・ブレイカーというアタッカーとしての十分なスペックを持ちながら、攻撃するだけで墓地の黒の呪文をタダで使う事ができる。呪文のコストは6マナまでだが、6マナまでには【インフェルノ・ゲート】や【デーモン・ハンド】や【ソウル・アドバンテージ】があるし、多色でも良いので、例えば攻撃と同時に【憎悪と怒りの獄門】を飛ばしたりする事ができる。もちろん、その為にはあらかじめ墓地に呪文がなければならない訳だが、なんとこいつはCIPでそれを処理する能力も併せ持っている。すばらしい。さすがスーパーレア。使った後は山札が増えるので、ささやかながらライブラリアウトを防ぐ事もできる。何か悪い事ができそうな、ゲーム・エンド・カード。


【黒神龍アマデウス】
コスト7
パワー15000
ドラゴン・ゾンビ
■自分のマナゾーンまたは墓地に、同じ名前を持つカードが2枚以上あれば、このクリーチャーを破壊する。
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)


【黒神龍ベルザローグ】のパワーが1000上がり、コストが2少なくなった。という事でほぼ完全上位互換である。一応、墓地やマナゾーンに同じカードが2枚あると死んでしまうが、ハイランダーデッキなら全く心配入らないし、そういう構築のデッキで臨めばよい。【青銅の鎧】等で意図せずマナに揃ってしまうと使えなくなってしまうので、注意。


【超神龍スカイ・ガルーダ】
コスト10
パワー12000
ドラゴン・ゾンビ
■マナ進化Vー闇のクリーチャーを2体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその2体の上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■自分のターンのはじめに、相手はバトルゾーンまたはマナゾーンにある自分自身のカードを1枚選び、墓地に置く。
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)


進化にして10マナととんでもない重さながら、マナ進化なので進化元に困る事はない。さておき自分のターンが来るたび、相手は場かマナが1枚ずつ無くなっていく。効果自体は非常に強力なのだが、やや気の長い擬似ロックでもあり、使わずとも自身のパンチ力を以ってすれば速やかにゲームを決めてしまえる為、やや噛み合っているとはいいがたい。おまけに破壊するカードを選ぶのは相手なので、最も破壊したいカードは退かせない。何とかして早い段階で場に出す事ができれば出番があるかもしれないが、どうかな。


【魔光帝フェルナンドVII世】
コスト11
パワー11000
デーモン・コマンド/ナイト
■このクリーチャーの召喚コストを、自分の墓地にある呪文1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
■このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーのパワーは、そのターン中、自分の墓地にある呪文1枚につき-1000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


これはすごい。11マナととんでもない重さながら、墓地に呪文があればコストが下がり、枚数次第では1マナで出す事もできる。そうまでせずとも序盤から軽量呪文を連打していけば、だいたい4~6マナで出てくる事ができる。効果は相手のパワーを呪文の数だけ-1000するというもの。こちらも自身のコスト軽減能力と非常に噛み合ったものとなっている。恐らく専用デッキが必要となるが、それだけの価値は十分にあるし、ナイトと呪文は相性が良いので、通常のナイト・デッキに投入するだけでもそれなりに活躍が期待できる、ゲーム・エンド・カード。


【魔弾ソウル・キャッチャー】
コスト2・呪文
ナイト
■クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


そのままでも【ダーク・リバース】と同じ効果があり、ナイト・マジックなのでナイトがいればさらにもう1体墓地回収する事ができる。いわゆる完全上位互換。さておき墓地さえあれば擬似ドローとして機能するので、2体回収できるこいつが弱い訳はない。ともあれ長期戦を見据えたデッキにはもちろん、2マナと軽いので、積極的に攻めていくようなデッキにも出番があるだろう。


【魔弾デュアル・ザンジバル】
コスト4・呪文
ナイト
■バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーは-2000される。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


問答無用のマイナス修正を与える黒の新たなる除去。ナイトがいれば、さらに除去対象を増やす事ができる。小型2体を退かしてもいいし、同時に使って-4000させる事も可能。STこそ無いものの、総じて柔軟性に優れた、扱いやすいカード。


【バブル・トラップ】
コスト4・呪文
■自分のシールドを1枚、手札に戻す。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
■相手の進化ではないクリーチャーを1体破壊する。


進化でなければ多色でも破壊できる【炎獄スマッシュ】。ただし、撃つとシールドが1枚無くなってしまう。こう書くと弱そうだが、シールドは手札になる為、序盤で使う分には擬似ドローとしても使う事ができる。やや早いデッキには分が悪いが、4マナと軽いので能力は噛み合っているし、積極的に攻撃してこないデッキ相手にはむしろメリットといえる。


【ソウル・アドバンテージ】
コスト6・呪文
■自分のシールド1枚につき相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


これはひどい。初期の状態で撃てば一挙5枚のランダム手札破壊を6マナで使う事ができる。シールドの枚数分という不確定要素ではあるが、通常のデッキであればシールドを殴りにいくのは後半であるし、撃てる頃にシールドが無くなっているようなデッキ相手にはそもそも撃ってる場合ではない。さらに【腐敗聖者ベガ】等で調整する事もできる。1マナ増えると【ロスト・ソウル】があるが、【青銅の鎧】や【氷牙フランツI世】等と組ませればほぼ4~5ターン目に飛んでくると考えると、1マナ軽いというのは恐ろしいものがある。今後の手札破壊の核として、多くのデッキに採用される事になりそうな1枚。頑張って集めよう。

この記事へのコメント

ちわ(^-^)/
相変わらず見事な考察!

楽しみに読ませていただいております。

m(__)m

残り2文明、頑張って下さい!
大蛇丸さん>コメントありがとうございます。
反応なくてくじけそうでしたw
頑張ります( ´∀`)

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター