カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


「ホワイト・ゼニス・パック」鶴田導師風カードレビュー

250219Topwz.jpg

DMX-13「ホワイト・ゼニス・パック」鶴田導師風カードレビュー

02/20 誤っていた部分を訂正致しました。ご指摘下さった方、ありがとうございます。
22:50 どうでもいいものを追記しました。
続きを読む

【ネタバレ注意】「ブラック・ボックス・パック」新規カードレビュー+【金属器の精獣カーリ・ガネージャー】

250120Topcm2.jpg

DMX-12「ブラック・ボックス・パック」新規カードレビュー

17:40 サンデー付録【金属器の精獣カーリ・ガネージャー】の効果を追記しました。
22:40 1枚追記しました。
01/22PM 一部訂正しました。ご指摘くださった方、ありがとうございます。
01/30 カードの解釈に間違いがありました。お騒がせして申し訳ありません。
続きを読む

DMR-05 エピソード2「ゴールデン・エイジ」新規カードレビュー

240515TopR5X.jpg

エピソード2 「ゴールデン・エイジ」新規カードレビュー。
続きを読む

DMX-08「激熱!ガチンコBEST」新規カードレビュー

240507TopGB.jpg

激熱!ガチンコBEST新規カードレビュー

19:10 一部内容を訂正しました。
続きを読む

DM28弾レビュー 鶴田風味 自然文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。

【雪溶妖精シャーマン・メリッサ】
コスト2
パワー1000
スノーフェアリー
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置く。


【シャーマン・ブロッコリー】がスノーフェアリーになった。ともあれ種族が違うだけなので、【シャーマンブロッコリー】と使い方は同じだが、【ダイヤモンドブリザード】と組ませる事ができるようになった。君のデッキに合わせて投入してみるといいかもしれない。こちらの方がコモンである為、集めやすさでは上。


【カブラ・カターブラ】
コスト3
パワー1000
ワイルド・ベジーズ
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。


3マナにしてSTにして殴れる上に任意のマナ回収ができるという、コンパクトながらハイスペックなクリーチャー。これまで緑では似たようなものに【ピクシー・コクーン】があるが、クリーチャー以外も回収できるので、序盤からマナに遠慮なく切札を置いていき、後で回収して使っていく事ができる。無理矢理【ストームクロウラー】を使う為に青を使ったりしなくてもよくなったのは大きいか。よいカード。


【暖氷妖精カオルン】
コスト3
パワー2000
スノーフェアリー
■ターン中に自分のマナゾーンからカードが1枚でも離れていれば、そのターンの終わりに、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


マナが動くと自動でマナ加速する事ができる。マナが壊されたり、【英知と追撃の宝剣】で戻されたりしても、1枚を補充する事で体勢を立て直しやすくする事ができる。しかしどんなにマナが動いても補充できるのは1枚のみなので、頼りすぎは禁物か。誰のターンとは書かれていないので、自分で【母なる紋章】を使ったりしても効果がある。


【密林の残兵ドーナ・ドナ】
コスト3
パワー2000+
ドリームメイト
■自分の他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+3000される。


自軍にしか効果がなくなったが、補正の大きくなった【怒髪の豪腕】とでもいうのか。さておき3マナ2000と小型ながら、並のビートダウンであれば殴るターンは5000~7000とする事ができる。当然、殴り返しには脆いが、そもそもブロックされにくいし、ブロッカーが不在であれば中型のドラゴンすら殴り返せるので、君のデッキがパンチ力不足と感じた場合は、投入してみても良いかもしれない。


【風来の股旅ビワノシン】
コスト3
パワー3000
ワイルド・ベジーズ/サムライ
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札を見る。その中からサムライを1枚選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。


そのままでも3マナ3000と基準値を満たしながら、クロスギアをクロスする事で山札サーチの能力を得る。ともあれ繰り返し使えるドロー効果は間違いなく強力。サムライであれば何でも良いので、【竜装ザンゲキ・マッハアーマー】も引いてくる事ができる。自身がサムライであるため、この場合、非常に相性が良い。反面、ギアが無ければただの【マスクドチェリー】なので、ギアの枚数には注意。


【霊騎デュナス】
コスト3
パワー4000
アーク・セラフィム
能力無し


何の能力も持たないバニラ・クリーチャー。しかしデメリット無しの3マナで殴れるパワー4000は初めてではないだろうか。ともあれ、君のデッキがパンチ力不足だと感じたら、検討してみても良いかもしれない。


【密林の総督ハックル・キリンソーヤ】
コスト3
パワー5000
ドリームメイト
■マナ進化ー自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎自分のクリーチャーは、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。


これはすごい。3マナパワー5000の進化と基準値を満たしながら、マナ進化であるため進化元も自力で調達できる。さらにシールドが1枚でもあれば自分のパワーより小さいブロッカーにはブロックされなくなる効果を全軍に付与する効果は極めて強力。リミテッド・構築戦共にゲーム・エンド・カード。小型を並べて固めてくるようなデッキには絶大な効果があるが、そのままだとパワー5000のブロッカーにはブロックされてしまうし、【光陣の使徒ムルムル】が1体でもあると途端に厳しくなるので、パワーを上げたりしてブロックを回避するような仕組みを作ってやると尚良いのかもしれない。


【青銅の鎖鎌】
コスト4
パワー2000
ビーストフォーク
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
■シールド・プラスーこのクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


【青銅の鎧】のパワーが1000上がり、シールドプラスを得た代わりに、1マナ増えた。ともあれ最低でもマナ加速はできるので、6マナ圏以上のカードを主軸とするデッキには【青銅の鎧】の代わりに投入してみても良いかもしれないが、やはり4ターン目から5マナを動かせる【青銅の鎧】の方が、汎用面では優れているかもしれない。シールドプラスがあるので、君のデッキが後半戦主体のデッキで、マナ加速が必要と感じたら、投入してみると良いだろう。もちろん、両方積んでみても構わない。


【パオルネイチャー】
コスト4
パワー3000+
エメラルド・モンスター
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+3000され、「W・ブレイカー」を得る。


そのままでは4マナ3000と非常に頼りないが、シールドフォースにより6000のWブレイカーにする事ができる。フォース先のシールドを割られてしまうと途端に脆くなるので、能力をできるだけ活かす場合はシールドを守るような仕組みが必要となるが、積極的に殴ってくるようなデッキならパワー3000でも十分対抗できる気もする。シールドフォースを持つクリーチャー全般にいえる事だが、ビートダウンを誘発するという意味では、こいつは扱いやすいカードといえる。


【鋭翼の化身】
コスト4
パワー4000
ミステリー・トーテム
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


4マナ4000と今時では頼りないサイズながら、シールドプラスによりシールドを強化する事ができる。しかし他に能力を何も持たないので、その為だけに投入されるかというと、微妙な所。同一コスト圏に【青銅の鎖鎌】があるのも向かい風。


【霊騎キヨマサ・コムソー】
コスト5
パワー3000
アーク・セラフィム/サムライ
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の墓地にある呪文1枚につき、自分の山札の上から1枚、マナゾーンに置いてもよい。


5マナにしてパワー3000と頼りないが、相手の墓地が肥えているほどマナ加速ができる。そういう意味で、序盤に出しても効果は薄いが、呪文を1枚も積まないデッキはあまりないと思うので、後半に出せば一気に大量のマナを確保する事ができるだろう。後半に確保する意味があるかというと微妙な所だが、例えばマナ破壊呪文で君のマナゾーンが削られていても、4マナ残っていればこいつ1枚で大量マナを再展開して立て直す事ができる。何にせよ熊本県民なら、必須カード。


【万象の超人】
コスト5
パワー4000
ジャイアント
■自分のターンのはじめに、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


5マナにしてパワー4000は緑にあるまじきコスト・パフォーマンスながら、いるだけでどんどんマナが増えていく。ランデスデッキにはもちろん、マナのための手札を確保せずに高コストカードも狙い放題となるので、相手にしてみれば思った以上に退かしたい1枚となるのではないだろうか。効果は任意なので山札切れになる事も防ぐ事ができる。何か楽しい事ができそうではないか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【JKパーネイチャー】
コスト5
パワー5000
エメラルド・モンスター
■このクリーチャーが攻撃する時、相手とジャンケンで勝敗を決めてもよい。自分が勝った場合、バトルゾーンにある相手のパワー5000以下のクリーチャーを1体選び、持ち主のマナゾーンに置く。
■相手がジャンケンで「チョキ」を出した時、自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置いてもよい。


5マナにしてパワー5000は常識的に考えてわずかに力不足ながら、ジャンケンで勝てばマナ送りのアタック・トリガーが発動する。しかも「チョキ」を出させるとマナ加速ができるが、常識的に考えてこいつが動けるようなタイミングでの効果としてはやや頼りないか。なので狙って「チョキ」を出させるようなカードと組み合わせると良いのかもしれない。


【白虎神テンセイ】
コスト5
パワー5000+
ゴッド/サムライ
■G・リンク《朱雀神ガリョウ》の右横。
■このクリーチャーがリンクしている時、このクリーチャーにクロスギアをコストを支払わずにクロスしてもよい。
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時。このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーは、シールドをさらに1枚ブレイクする)


G・リンクさせてしまえば【ボルベルグ・クロス・ドラゴン】のような動きを行いつつ、ギアによってT・ブレイカーになる事ができる。しかし単体では何の能力も持たないので、可能であれば先に【ガリョウ】やクロスギアを出しておくと良いだろう。


【天狗の化身】
コスト6
パワー5000+
ミステリー・トーテム/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+4000され、「W・ブレイカー」を得る。


6マナ5000はやや力不足ながら、侍流ジェネレートでギアを展開することができ、さらにアクセル能力で9000のWブレイカーとなる事ができる。効果が自身で完結しているので扱いやすいといえるが、パワーがいくら大きくても勝利には直結しないので、クロスさせるギアをよく考えて投入すると良いだろう。


【動脈の超人】
コスト6
パワー6000+
ジャイアント
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
■このターン、自分のマナゾーンから1枚でもカードが離れていれば、このクリーチャーのパワーは+7000され、「T・ブレイカー」を得る。


6マナ6000Wブレイカーとなかなかのパンチ力だが、君ののマナゾーンが動けば13000のTブレイカーとする事ができる。効果は1ターンのみなのでやや安定性に欠けるかもしれないが、上記の【カブラ・カターブラ】すらトリガーとするので、思ったより強化元の範囲はあるのかもしれない。一応、【超竜バジュラ】に殴られても相討ちに持ち込めるので、意外な使われ方をされるのかもしれない。


【緑神龍ガムス・謙信】
コスト7
パワー6000
アース・ドラゴン/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■このクリーチャーが破壊された時、クロスギアを1枚、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


意地でもクロスギアを場に残すドラゴンサムライ。さておき自身のパンチ力はやや控えめなので、侍流ジェネレートでギアによるサポートが必須となるだろう。死んでもギアが墓地から出てくるがギアは破壊されにくい事が特長でもあるので、自ら墓地に落としていくような仕組みでもない限り、そうそう狙えるものではないが、どんなギアでも場に戻せるので、今後大型のギアが出てきた場合などに、出番があるかもしれない。


【超神龍バリアント・バデス】
コスト8
パワー0000+
アース・ドラゴン
■マナ進化GVー自然のクリーチャーを3体まで自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■このクリーチャーは、このクリーチャーの下に重ねたカードの合計のパワーを持つ。
■このクリーチャーは、パワーが6000以上の時、「W・ブレイカー」を得る。
■このクリーチャーは、パワーが12000以上の時、「T・ブレイカー」を得る。
■このクリーチャーは、パワーが18000以上の時、「Q・ブレイカー」を得る。


8マナにしてパワー0と3体進化にあるまじきサイズながら、マナ進化であるため進化元はなんとかなる。しかし進化元もそれなりのパワーでなければ、こいつの最大必殺技であるQ・ブレイカーを持たせるのは難しい。進化元3体の合計パワーであるので、スレイヤーでもない限り殴られて死ぬような事はあまりないが、DMはパワーが大きくても勝てる訳ではないので、過信しないように。【ロイヤルドリアン】と併せれば、進化元にした3体をノーコストで場に出せるので、そういうデッキに投入してみると良いのかもしれない。


【大宇宙シンラ】
コスト8
パワー15000
ジャイアント
■進化ー自分のジャイアント1体の上に置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分のクリーチャーをすべてマナゾーンに置く。その後、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分自身のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。


タイマン誘発ジャイアント。こいつが出るだけで、バトルゾーンはお互い1体になる。さらに進化であるので、こいつを残せばそのまま殴りに行く事ができるだろう。しかし自身はパワー以外の回避能力を何も持たないので、そもそも相手が単騎で攻めていくようなデッキであったり、スレイヤーを残されたりすると厳しい状況になるが、この豪快さはなかなかのもの。マナ送りなので破壊されたときの効果も使われないし、何か楽しい事ができそうではないか。


【ルナティック・エナジー】
コスト2・呪文
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+4000される。


【グローリー・マッスル】が1マナ増えただけでSTが付き、全体効果になった。ともあれよほどマナを切り詰めたりしていない限りこちらを使っていく事になるだろう。2マナと軽いので、速攻デッキのサポートとしても扱えるし、+4000は【地獄スクラッパー】を紙屑にする。上記の【ハックル・キリンソーヤ】と併せれば全軍ほぼアンブロッカブルとする事ができる。ともあれ手軽に自軍を強化したいと思ったら、このカードの出番だ。


【鼓動する石版】
コスト2・呪文
■自分の山札の上から1枚目を、マナゾーンに置く。そのカードがクリーチャーであれば、このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてのパワーは+2000される。


【フェアリー・ライフ】がSTを失った代わりに、やや限定的ながらクリーチャー強化が付いた。ともあれ手札を消費せずにマナ加速ができるので、2→4→6と繋ぎやすくなったのはありがたい。これまで【幻緑の双月】で補っていた8枚体制の部分をこいつで補う事ができるかもしれない。やや運が絡むが、後半引いても無駄になりにくいので、手札を消費せずにマナ加速したいデッキには、予備の【フェアリーライフ】として投入される事もあるかもしれない。


【覇翼 フェアリー・アクセラー】
コスト1
■サムライ クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい。


緑のアクセラーはマナ加速。1マナと軽いので展開の邪魔になりにくいし、手札を消費せずにマナ加速ができるので、序盤から攻めていくようなデッキと相性が良く、例えば【スナイプ・モスキート】をマナ回収+マナ加速の自己完結エンジンとする事もできる。君ならどんな使い方をするだろうか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【鬼装 オーガ・フィスト】
コスト3
■サムライ クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーのパワーは、そのクリーチャーのコストの数だけ+1000され、それよりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない。


コストの数だけパワーが増える珍しいギア。さらに小型にはブロックされないといい事ずくめだが、普通のクリーチャーにクロスさせていくには3マナはやや悠長かもしれないし、大きなパワーが得られるようなコストの高い大型はもともとそれなりのパンチ力を持つ事が多い。しかし【アクア・サーファー】のようなシールド・トリガー・クリーチャーは総じてコストに対してパワーが低めに設定されているので、そういうクリーチャーを強化していきたいと思ったら、出番があるかもしれない。


【叫鬼 ジャミング・ビート】
コスト4
■サムライ クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、相手の呪文を唱えるコストは1多くなる。
■呪文の効果で相手がバトルゾーンのクリーチャーを選ぶ時、相手はこのカードをクロスしたクリーチャーを選ぶことはできない。


クロスギアにして4マナと重量級ながら、あるだけで相手の呪文が1重たくなる効果はなかなかのいやらしさ。さらにクロスさせれば呪文限定ながらアンタッチャブルにする事ができるので、呪文に頼るようなデッキには劇的な効果が期待できるかもしれないが、クリーチャーによる干渉には無力なので、君の周りが偏った呪文デッキばかりである場合は投入してみても良いかもしれないが、ビートダウンデッキが流行している場合は投入すべきではない。良くも悪くも、環境に左右されるカードといえる。

DM28弾レビュー 鶴田風味 火文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。


【ライジン・ドラグーン】
コスト2
パワー1000+
ティラノ・ドレイク
■このクリーチャーがクリーチャーを攻撃する時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+4000される。


殴れる2マナのドレイクは【闘竜炎霊パイロン】に続き、単色では初。大抵の場合デメリットなどがありそうだが、クリーチャー限定のパワーアタッカーがあるのみ。むしろメリットといえる。さておきデメリットの無い2マナドレイクはたいへん貴重。【衝撃のロウバンレイ】との相性も抜群。ティラノ・ドレイクデッキにはもちろん、速攻デッキにも投入されそうな1枚。


【ポッポ・弥太郎・パッピー】
コスト2
パワー2000
ファイアー・バード/サムライ
■セイバー:ドラゴンまたはサムライ・クリーチャー(自分のドラゴンまたはサムライ・クリーチャー1体が破壊される時、このクリーチャーをかわりに破壊してもよい)


【ロッポ・ロッポ】がフェニックスの代わりにサムライをセイバーできるようになり、コストが1下がった。【ポッポ・チャッピー】と比べると時代の流れを感じてしまうが、ほぼ完全上位互換である。2マナと現在最軽量のサムライであり、28弾の様々なサムライのサポートを受ける事ができる。パワーも2000あるので、【青銅の鎧】等に殴り返されないのも魅力。自身がサムライである為、こいつが2体いればお互いをセイバーして2体とも生き残る事ができる。いずれにせよ、サムライデッキなら、必須カードといえるのではないだろうか。


【ライラ・ラッタ】
コスト2
パワー3000
ファイアー・バード
■このクリーチャーが攻撃された時、自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。


殴れる2マナ3000とかなりのコスト・パフォーマンス。殴られるとシールドが割れてしまうが、 速攻デッキにとっては擬似ドローともいえる。他にデメリットらしいものが見当たらないので、今後多くの速攻デッキに投入される事になるかもしれないが、手札に入るシールドにはSTが使えない為、例えばこいつよりパワーの劣る相手にわざと殴られたりすると、STが使えず次々とシールドを失うような事も考えられる。注意。


【牛若剣士トドロキ】
コスト3
パワー1000
ヒューマノイド/サムライ
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにしてもよい。その中からクロスギアをすべて自分の手札に加え、その後、残りを好きな順番で山札の一番下に置く。


3マナ1000と力不足ながら、CIPでクロスギアに対する擬似ドローができる。デッキに投入されるクロスギアの枚数によっては出番があるかもしれないが、そこまでクロスギアを積んでいるかというと、微妙な所。しかし赤で山札操作とドローができるのは非常に珍しいので、何かのきっかけがあれば投入される事もあるかもしれない。


【爆撃闘士カーバイン】
コスト3
パワー1000+
ヒューマノイド
■パワーアタッカー+3000(攻撃中、このクリーチャーのパワーは+3000される)


3マナ1000でパワーアタッカー3000。アタッカーとしては標準といえるかもしれないが、その為だけに激戦区の3マナ圏を割くかというと、どうだろうか。正直これを使うぐらいなら【暴走番長ギャラン】の方がまだブロックされにくい分、使いやすいような気もする。


【羅神兵デュアル・又左】
コスト3
パワー2000+
アーマロイド/サムライ
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+3000され、「スピードアタッカー」を得る。


3マナ2000ながら、クロスする事で3マナ5000となり、おまけでSAになる事ができる。しかしSAになる為にはやや遠回りなので、よほどマナが潤沢でない限りはパワーが増えるのみとなるかもしれない。そうなると【武装兵ミステリアス】がドラゴンとなるので、どちらを選ぶかは君のデッキにかかっているが、後半も無駄にならないといえば、そうなのかもしれない。


【隠れんぼの達人コンコーン】
コスト3
パワー3000
ドリームメイト
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーは攻撃されない。


3マナ3000と標準サイズながら、シールド・フォースにより殴られなくなる。つまり、殴り返されるには最低2回攻撃されなければならない。相手にとってみればフォース先のシールドを早めに割ってしまいたいので、それを考えれば擬似ドロー誘発効果といえるのかもしれない。そうでなくともフォース先のシールドさえ確保すればパワーが2000高い【クック・ポロン】である。何か面白い事ができるかもしれない。


【ブレードグレンオー・マックス】
コスト3
パワー4000
フレイム・モンスター
■マナ進化ー火のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のタップされているパワー3000以下のクリーチャーを1体、破壊する。


これはすごい。マナ進化なので進化元に悩む事なく、わずか3マナにしてパワー4000の限定火力付きSAは明らかにおかしなコスト・パフォーマンス。赤単速攻にはもちろん、赤を絡めたビートダウンデッキにも難なく投入されそうな1枚。今後のメタ・ゲームでよく見かけることになりそうだ。


【トランス・ドラグーン】
コスト3
パワー5000
ティラノ・ドレイク
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚、自分のマナゾーンから墓地に置く。
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


3マナ5000と非常に優れたコスト・パフォーマンスを持つが、マナ1枚を犠牲とする。序盤から仕掛けていくようなデッキにはもう1つのシールド・プラス能力が活きてくるので、全体として噛み合っている。ティラノドレイクを中心としたビートダウンデッキには、出番があるかもしれない。


【モエルグレンオー】
コスト4
パワー0000+
フレイム・モンスター
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
■このクリーチャーのパワーは+11000され、「W・ブレイカー」を得る。


燃えるグレンオー。さておきそのままではパワー0だが、シールドフォースにより4マナ11000Wブレイカーとなる。このコスト域でこのパンチ力はかなりのものだが、フォース先のシールドを割られたり、シールドが1枚も無い時に出しても死んでしまうので、何かでシールドを守ってやるような仕組みが必要となるだろう。いったん動き出せばなかなか止められるものではないので、殴ってこないようなデッキには効果があるかもしれない。


【パワーフォース・ドラグーン】
コスト4
パワー2000+
ティラノ・ドレイク
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーは「パワーアタッカー+6000」と「W・ブレイカー」を得る。


上記の【モエルグレンオー】に比べて、こいつはシールドが無くても出す事ができる。後の使い方は【モエルグレンオー】と同じなので、君のデッキと周りの環境に合わせて投入していく事になる。もちろん、両方投入してみても構わない。


【JK野郎チョッキー】
コスト4
パワー2000+
ヒューマノイド
■このクリーチャーがバトルする時、相手とジャンケンして勝敗を決める。自分が勝った場合、そのターン。このクリーチャーのパワーは+5000される。
■相手がジャンケンで「グー」を出した時、相手は自分自身のマナゾーンからカードを1枚選び、墓地に置く。


バトルするたびにジャンケンを行い、うまくすればパワーが上がり、マナを削る事ができる。常識的に考えてマナが削られるのは多くのデッキにとってたいへん厳しいので、普通はチョキかパーしか出す事はできない。なのでチョキを出し続ければ最悪でも引き分けまで持ち込む事ができるだろう。その場合、パワー7000は殴り返しやブロックするデッキには効果的。しかし能力はバトルしないと意味がないので、常識的に考えて火力等にはあっさりやられてしまうし、君の友達も裏をかき、あえてグーを出してくるかもしれない。常識的に考えて。


【エッジアーム・頼光・ドラグーン】
コスト4
パワー4000
ティラノ・ドレイク/サムライ
■このクリーチャーがナイトとバトルする時、自分の山札を見る。その中からクロスギアを1枚選んで相手に見せ、自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。


4マナ4000はやや力不足ながら、バトルする時にクロスギアを引いてくる事ができる。しかしその対象はナイト限定であり、なおかつタイミングはバトルする時~なので、やや確実性には欠ける。君の周りにナイトデッキが大流行していて、サムライデッキで挑もうと思う場合は投入してみても良いかもしれないが、どうかな。


【アッシュグレンオー】
コスト4
パワー5000
フレイム・モンスター
■スピードアタッカー(このクリーチャーは召喚酔いしない)
■自分のターンの終わりに、このクリーチャーを自分の手札に戻す。


【襲撃者エグゼドライブ】のパワーが2000上がり、コストが1増えた。ともあれ【エグゼドライブ】に比べるとパワーが増えた分相手ブロッカーに潰されにくくなっているが、1マナ増えているので従来の赤単速攻デッキのようなスピード命の中に投入されるかどうか微妙な所か。毎ターン手札に戻る能力自体は対処法も限られる強力なものなので、序盤から中盤にかけてのプレッシャーとしては十分。


【直進兵ワッショイエクスプレス】
コスト5
パワー1000
アーマロイド
■「スピードアタッカー」を持つ自分のクリーチャーすべてのパワーは+2000され、シールドをさらに1枚ブレイクする。


ワッショイ。
さておきスピードアタッカー限定ながら、全体強化と追加ブレイク付与は間違いなく脅威。かといって赤単速攻のようなデッキに投入されるには、自身の5マナというコストがネックになる。パワーも1000しかないので簡単にやられてしまうが、1ターン持てばきっと相手を殴り切れるに違いない。【バザガジール・ドラゴン】がパワー10000になり、Tブレイカーとするような事も可能だが、君ならどんな使い方をするだろうか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【風来の雲ベンケイ】
コスト5
パワー5000
ドリームメイト/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)


5マナ5000と標準サイズながら、侍流ジェネレートでクロスギアを即出しする事ができる。次のターンから【バジュラズ・ソウル】や【ザンゲキマッハアーマー】が起動してくると考えると非常に恐ろしいが、手札にギアが無いとただのバニラなので、ギアを手札に確保するような仕組みと組み合わせると良いだろう。地味に【ノーブルエンフォーサー】も出せるので、殴り返し要員と攻撃ロックを同時に行ったりする事ができる。


【朱雀神ガリョウ】
コスト5
パワー5000+
ゴッド/サムライ
■このクリーチャーが攻撃された時または相手によって選ばれた時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体破壊する。
■G・リンク《白虎神テンセイ》の左横(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、どちらか1枚を選ぶ)
■このクリーチャーは、リンクしている時「W・ブレイカー」を得る。


相手に何かされると5000火力を飛ばしてくれるゴッド。さらにリンクしていれば10000火力となる。すばらしい。火力を避けて退かすには【龍神ヘヴィ】のようなプレイヤーを対象とする除去や、全体効果等の対象を取らない方法しかない。相手によって選ばれれば能力は使えるので、思ったより広い使われ方をされるのかもしれない。ともあれ相手にとってみればたいへんうっとうしい、ナイスアタッカー。


【竜将ボルベルグ信玄】
コスト7
パワー6000
アーマード・ドラゴン/ヒューマノイド/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のサムライ・クロスギアを1枚、コストを支払わずにこのクリーチャーにクロスしてもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


7マナ6000とやや物足りないサイズながら、侍流ジェネレートによりクロスギアを連続展開でき、さらにそのままクロスする事ができるので、パンチ力はギア次第ながらサポートできる。そのままではスピードアタッカーを持たない為に奇襲性は薄いが、サムライ。クロスギアならどんなギアでもその場でクロスできるので、今後、高コストなサムライ・クロスギアが出てくる場合に備えて覚えておくべき1枚かもしれないが、【ボルベルグ・クロス・ドラゴン】に比べて通常のギアはクロスするコストを踏み倒す事はできない。注意。


【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】
コスト7
パワー7000
アーマード・ドラゴン/サムライ
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)
■各ターン、このクリーチャーが初めてタップした時、アンタップする。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


ついに登場した2回行動可能なドラゴン。【メタルカオス・ドラゴン】に比べると恐ろしい完全上位互換となる。ともあれ単体で2回攻撃してシールドを4枚割ってみたり、能力を付与して2回ブロックしたり、2回タップトリガーを使ってみたりできる能力は極めて強力。イニシエートデッキによる天敵【電脳聖者タージマル】のタップキル攻撃にも、1回は起き上がる事でやられにくくなっている。すばらしい。リミテッドのみならず構築戦でもゲーム・エンド・カード。さらに侍流ジェネレートでクロスギアをついでに展開する事ができる。今後のサムライ・デッキには必須カードといえるのではないだろうか。


【超神星アレス・ヴァーミンガム】
コスト7
パワー11000
フェニックス
■マナ進化Vー火のクリーチャーを2体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその2体の上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■メテオバーンーこのクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のコスト3以下の「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて破壊する。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


7マナにしてV進化と重量級ながら、マナ進化であるため通常のV進化に比べると出しやすくなっている。さておきメテオバーンで2回まで相手の3マナまでのブロッカーを全滅させる事ができる。現在、3マナ以上のブロッカーが積まれる事は稀であるので、赤の天敵である【電脳聖者タージマル】や【光陣の使徒ムルムル】等をまとめて薙ぎ払えるのは大きい。一応、【ストーム・クロウラー】や【黒神龍ドボルザーク】等は残ってしまう。注意。


【獅子幻獣砲】
コスト3・呪文
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊するか、バトルゾーンにある相手のクロスギアを1枚選んで持ち主の墓地に置く。


【幻竜砲】がクロスギアも割れるようになった。そういう意味で、完全上位互換となる。ともあれ3マナSTと軽く、ギア破壊と火力のどちらもできるようになったので腐る事がなくなった。今後のクロスギアの流行次第では出番があるだろうし、深く考えずに火力STのスロットをこいつに割いておくだけでも役に立ってくれそうだ。そういう意味で、クロスギアは若干壊れやすくなったといえる。


【炎刃 ズバット・アクセラー】
コスト1
サムライ
■クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーは「パワーアタッカー+3000」を得る。(「パワーアタッカー+3000」を得たクリーチャーのパワーは、攻撃中、+3000される)


クロスしたクリーチャーにPA+3000を付与するギア。1マナと軽く、展開の邪魔になる事はあまりないと思うが、それだけに能力もいまいち頼りない。君のデッキが序盤から攻めていくようなデッキで、相手が低コストのブロッカーで固めてくるようなデッキである場合には、出番があるかもしれない。


【竜装 ムシャ・レジェンド】
コスト3
サムライ
クロスギア
■これをクロスしたクリーチャーは、種族にアーマード・ドラゴンとサムライを追加し、パワーが+2000され、名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する。
■これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。


これさえあれば、誰でも【ボルメテウス・武者・ドラゴン】。アタックトリガーで6000火力も飛ばせるし、【ザンゲキマッハアーマー】だろうがタダでクロスできる。そういう意味で、【武者ドラゴン】を主軸とした
デッキに投入するものと思われるが、それなら最初から【武者ドラゴン】を積んでおけばいい。使い方が難しいカードなのかもしれない。一応、【ムシャ・ルピア】にこいつをクロスさせれば、殴る度に6000火力を飛ばしつつ、シールドを削り、そして増やす自己完結型のアタッカーができる。しかし【ボルシャック・大和・ドラゴン】の12000火力はオリジナルの【武者ドラゴン】でないと扱えないので注意。


【竜装 ザンゲキ・マッハアーマー】
コスト4
サムライ
クロスギア
■このカードがどのクリーチャーにもクロスされていない時、自分のドラゴンとサムライ・クリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
■このカードがドラゴンまたはサムライ・クリーチャーにクロスされている時、バトルゾーンにある自分のドラゴンまたはサムライ・クリーチャーのパワーは+2000され、「スピードアタッカー」を得る。
■このカードは、コストを支払わずに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にクロスしてもよい。


4マナとギアの中では重量級ながら、置いてあるだけでドラゴン・サムライのコストを軽減し、クロスされていれば(ほぼ)全体強化とSA化の奇襲攻撃を可能とするとんでもないカード。見たらすぐに破壊しないとあっという間に不利となる、マスト除去となる。3つ目の能力上【武者ドラゴン】との相性が良いが、【武者ドラゴン】がいなくても能力は使える。ともあれサムライデッキには、必須カード。

DM28弾レビュー 鶴田風味 闇文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。


【爆鯨人形ボムラーワン】
コスト3
パワー1000
デスパペット
■スレイヤー(このクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)


【嘆きの影ベルベット・フロー】がデスパペットになった。ともあれ3マナにしてパワー1000と貧弱ながら、殴れるスレイヤーであるので、バトルに関する限り何かしらのアドバンテージを君にもたらしてくれるだろう。しかし【ベルベットフロー】がメタ・ゲームに登場した事は、筆者の記憶する限りあまりないので、何らかの種族を活かしたデッキで使う事になるはずだ。


【封魔アルバラム】
コスト3
パワー1000+
グランド・デビル
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+4000される。


ブロッカーのくせに3マナ1000と貧弱ながら、シールド・フォースにより、指定したシールドがある限り3マナ5000のブロッカーとなる。同一サイズに【玉砕秘宝バイラ】があるが、こちらは何度ブロックしても大丈夫だ。当然、相手もそれは分かっているので、フォース先のシールドを優先してブレイクしてくるだろうが、自身でそれを防ぐ事ができるので、他のシールド・フォース・クリーチャーに比べ、場持ちはよい。


【JK人形ボッコグー】
コスト3
パワー2000
デスパペット
■相手がジャンケンで「パー」を出した時、相手は自分自身の手札を1枚選び、捨てる。
このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次の能力を使ってもよい。
TT:相手とジャンケンで勝敗を決める。自分が勝った場合、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーは-3000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される)


これはおもしろい。殴れる3マナ2000と基準値を満たしながらジャンケンを行う事で、勝てば相手クリーチャーをタップだけで除去できる。おまけに「パー」を出させれば手札破壊もついでに行う事ができる。手札が残っている場合は常識的に考えて、相手は「パー」を出したくないだろうから、「グー」か「チョキ」を出す事だろう。なのでこちらが「グー」さえ出していれば最悪でもあいこという強力な心理ロックが完成する。パワーを下げるのは勝敗が決まった後なので、相手にしてみれば手札を失ってでも守るべきクリーチャーかどうか決めるタイミングがないのもいやらしい。常識的に考えてジャンケンデッキなら、必須カード。


【邪法カルネイシ】
コスト3
パワー3000
ダークロード
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。
そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーがブロックした時、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。


3マナ3000とダークロードにしては軽く、進化元として期待できる。さらにシールドフォースで墓地回収が可能となるが、当然、相手もそれは分かっているので、フォース先のシールドを優先してブレイクしてくるだろうが、自身でそれを防ぐ事ができるので、他のシールド・フォース・クリーチャーに比べ、場持ちはよい。相手に攻撃をためらわせる事ができる、良いカード。


【罠々男】
コスト3
パワー3000
へドリアン
■このクリーチャーが攻撃された時、そのターン、このクリーチャーは「スレイヤー」を得る。(「スレイヤー」を得たクリーチャーがバトルする時、バトルの後、相手クリーチャーを破壊する)


【爆弾人形ニヤーリ】のコストが1増えた代わりに、へドリアンになり、パワーが2000増えた。ともあれ【超電磁妖魔ロメール】を使用する場合はこちらの出番となるだろうが、【ニヤーリ】が活躍した事は筆者の記憶する限りあまりないので、こいつが同じ運命を辿るかどうかは君にかかっている。


【ガルデス・ドラグーン】
コスト3
パワー5000
ティラノ・ドレイク
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを1枚墓地に置く。
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


殴れる3マナ5000と単色ではかなりのコスト・パフォーマンスながら、出た時にシールドを失ってしまう。たいていの場合はこれでおしまいなのだが、そこは戦国編。シールド・プラスでささやかながらシールドをフォローする事ができる。しかしシールドが1枚も無い場合はこの能力は使えないし、自身であらかじめシールドを失うので、2枚以上のシールドが無ければ意味がない。もっとも、シールドが1枚も無ければ自身のデメリットもなくなる訳だが。いずれにせよ、ティラノドレイクを使用したビートダウンデッキなら、出番がありそうだ。


【邪眼銃士アレクセイ侯】
コスト4
パワー1000
ダークロード/ナイト
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるサムライまたはクロスギアを1枚、持ち主の山札の一番下に戻してもよい。


筆者の記憶する限り、山札の下へ送る事ができる初めてのカード。4マナ1000と非力ながらSTがあり、殴れるナイトである。相手がサムライやクロスギアを出している場合は山札の下へ送る事で擬似的な除去として機能する事だろう。自分のクロスギアも対象にできるので、例えば【ノーブルエンフォーサー】でのロックを外していく事もできるし、さらにサムライであれば【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】も山札送りにする事ができる。君のデッキが黒を使っていて、サムライ・デッキやクロスギアに対抗したいと思うなら、このカードの出番だ。


【ヤミノリミット】
コスト4
パワー4000
ダーク・モンスター
■相手のシールドが4枚以上の時、相手は自分自身の「S・トリガー」を使えない。


4マナ4000と標準サイズにしてシールド・トリガーを封じる能力はいうまでもなく強力。もっとも、その為には相手のシールドが4枚以上なければならない訳だが。通常であれば、いるだけで1回目のブレイクはST無効にする事ができる。さらにW・ブレイカー等の複数ブレイクする場合は一度にブレイクするのでその分STを無効にする事ができる(事務局回答保留)。【呪紋の化身】と比べるのは酷かもしれないが、何か楽しい事ができそうではないか。


【750男】
コスト4
パワー4000
へドリアン
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドを1枚選び、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。


【邪剣バラガ】【三面怪人アシュラファング】がヘドリアンになった。ともあれ4マナ4000となかなかのサイズなのだが【暴発秘宝ベンゾ】と違いSTを使う事はできない。パワーが1000しか差がない事を考えるとあちらの方が使い勝手が良さそうだが、君がシールドを犠牲にしたスーサイドなデッキを使用していて、何らかの理由でヘドリアンでなければならない時とか、そういう場合は出番があるかもしれないが、どうかな。


【ヤミノサザン】
コスト5
パワー3000
ダーク・モンスター
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、相手のクリーチャーすべてのパワーは-1000される。


【魔城の黒鬼オルガイザ】がダーク・モンスターになってコストが1下がり、シールド・トリガーを得た代わりにパワーが3000下がり、W・ブレイカーを失った。ともあれ相手のみに働く全体除去はいうまでもなく強力。-1000という威力はやや頼りないかもしれないが、速攻デッキや【青銅の鎧】などを退かすには十分。そういう意味でSTというのは柔軟性が上がったといえるだろう。君の周りに小型の速攻デッキが流行している場合、投入してみるのもいいかもしれない。


【アングリーチャージ・ドラグーン】
コスト5
パワー4000+
ティラノ・ドレイク
■自分のシールドが3枚以下の時、このクリーチャーのパワーは+3000され、「W・ブレイカー」を得る。


そのままでは5マナ4000とやや物足りないが、シールドが3枚以下であれば5マナ7000Wブレイカーとかなりのハードパンチャーとなる。黒にしては珍しくデメリットもないので、中速で攻めていくようなデッキに出番がありそうだが、同一コスト域には【封魔ガルマジアス】がある。どちらを選ぶか、君のデッキとよく相談してみよう。もちろん、両方投入してみても構わない。


【邪眼の毒蛇エウドキア卿】
コスト5
パワー4000+
デーモン・コマンド/ナイト
■自分が呪文を唱えた時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+3000され、「W・ブレイカー」を得る。


上記の【アングリーチャージ・ドラグーン】と比べ、こちらは呪文を唱えるだけでパワーアップする事ができるナイト。しかしその効果は1ターンのみ。筆者は継続してパワーアップできる方が好みだが、君はどうだろうか。一応、何度も呪文を唱えればそれだけパワーも増えていくので、軽量呪文を連打するようなデッキと相性が良いのかもしれない。


【封魔ズルメル】
コスト5
パワー5000
グランド・デビル
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


殴れる5マナ5000とやや力不足ながら、シールド・プラス能力を持つ。癖がないので扱いやすいともいえるが、逆に言えば個性が無いという事でもある。つまり、そういう事だ。


【魔光神ルドヴィカII世】
コスト5
パワー5000+
ナイト/ゴッド
■このクリーチャーは、このターンに自分が唱えた呪文1枚につき、シールドをさらに1枚ブレイクする。
■G・リンク《魔光神レオパルドII世》の左横。
■このクリーチャーは、リンクしている時「W・ブレイカー」を得る。


これはすごい。5マナとやや重めであるが、呪文を唱えただけで追加でシールドをブレイクする事ができる。【ドラゴン・ラボ】のような連打できる軽量呪文と併せれば、あっという間に5枚ブレイクを達成する事ができるだろう。もっとも相手にとっても最優先で退かしにかかってくるだろうが、こいつはG・リンクするとアンタッチャブルになる。そうなると対処できる手段が非常に限られてくるので、速やかにゲームを決めてしまう事ができるだろう。【龍神ヘヴィ】やGリンクした【ヘヴィメタル】等には無力である為、もったいない死に方をしないように。


【死皇帝ベルフェギウス】
コスト6
パワー3000
ダークロード
■マナ進化ー闇のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■クリーチャーがアンタップする時、そのクリーチャーの持ち主は、アンタップさせなくてもよい。
■バトルゾーンにある他のクリーチャーがアンタップする時、そのクリーチャーを破壊する。


おそらくDM初の「アンタップしたら死なす」カード。進化にして6マナ、パワー3000はやや貧弱ながら、マナ進化であるため出せなくて困るというような事はなさそうだ。さておきアンタップするだけで死んでしまうので、相手はこいつがいる限りうかつには殴れないし、ブロックもやりづらくなる。そうやって時間を稼がれている間に勝負を決めてしまうような使い方をされるものと思われるが、自軍もアンタップすると死んでしまうので、使い捨ての呪文やサイレントスキルによるタップ手段との相性が良さそうだ。
弱点としてはやはり自身の貧弱さと、【光器ペトローバ】のようなアンタッチャブルクリーチャーには手が出せない点。うまくすれば強力な制圧能力を得られるので、デッキを作る価値は十分にある。


【滅城の獣王ベルヘル・デ・ディオス】
コスト6
パワー6000
デーモン・コマンド
■このクリーチャーが攻撃する時、自分のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、カードを2枚まで引く。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


6マナ6000W・ブレイカーとなかなかのパンチ力を持ちながら、【邪魂転生】のアタック・トリガーを持つ。効果発動は任意なので、無理に破壊しなくても良いし、攻撃は中止されるが自身を破壊して2枚引く事もできる。1体しか破壊できないので引ける上限は2枚までだが、破壊された時に効果のあるクリーチャーと併せる事で、より積極的に攻めていけるようになる。総じて高次元でバランスの取れた、よいカードである。


【邪眼皇ロマノフI世】
コスト7
パワー8000
ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、自分の墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇のコストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


これはひどい。7マナ8000W・ブレイカーというアタッカーとしての十分なスペックを持ちながら、攻撃するだけで墓地の黒の呪文をタダで使う事ができる。呪文のコストは6マナまでだが、6マナまでには【インフェルノ・ゲート】や【デーモン・ハンド】や【ソウル・アドバンテージ】があるし、多色でも良いので、例えば攻撃と同時に【憎悪と怒りの獄門】を飛ばしたりする事ができる。もちろん、その為にはあらかじめ墓地に呪文がなければならない訳だが、なんとこいつはCIPでそれを処理する能力も併せ持っている。すばらしい。さすがスーパーレア。使った後は山札が増えるので、ささやかながらライブラリアウトを防ぐ事もできる。何か悪い事ができそうな、ゲーム・エンド・カード。


【黒神龍アマデウス】
コスト7
パワー15000
ドラゴン・ゾンビ
■自分のマナゾーンまたは墓地に、同じ名前を持つカードが2枚以上あれば、このクリーチャーを破壊する。
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)


【黒神龍ベルザローグ】のパワーが1000上がり、コストが2少なくなった。という事でほぼ完全上位互換である。一応、墓地やマナゾーンに同じカードが2枚あると死んでしまうが、ハイランダーデッキなら全く心配入らないし、そういう構築のデッキで臨めばよい。【青銅の鎧】等で意図せずマナに揃ってしまうと使えなくなってしまうので、注意。


【超神龍スカイ・ガルーダ】
コスト10
パワー12000
ドラゴン・ゾンビ
■マナ進化Vー闇のクリーチャーを2体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその2体の上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■自分のターンのはじめに、相手はバトルゾーンまたはマナゾーンにある自分自身のカードを1枚選び、墓地に置く。
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)


進化にして10マナととんでもない重さながら、マナ進化なので進化元に困る事はない。さておき自分のターンが来るたび、相手は場かマナが1枚ずつ無くなっていく。効果自体は非常に強力なのだが、やや気の長い擬似ロックでもあり、使わずとも自身のパンチ力を以ってすれば速やかにゲームを決めてしまえる為、やや噛み合っているとはいいがたい。おまけに破壊するカードを選ぶのは相手なので、最も破壊したいカードは退かせない。何とかして早い段階で場に出す事ができれば出番があるかもしれないが、どうかな。


【魔光帝フェルナンドVII世】
コスト11
パワー11000
デーモン・コマンド/ナイト
■このクリーチャーの召喚コストを、自分の墓地にある呪文1枚につき1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
■このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーのパワーは、そのターン中、自分の墓地にある呪文1枚につき-1000される。(パワーが0以下のクリーチャーは破壊される。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


これはすごい。11マナととんでもない重さながら、墓地に呪文があればコストが下がり、枚数次第では1マナで出す事もできる。そうまでせずとも序盤から軽量呪文を連打していけば、だいたい4~6マナで出てくる事ができる。効果は相手のパワーを呪文の数だけ-1000するというもの。こちらも自身のコスト軽減能力と非常に噛み合ったものとなっている。恐らく専用デッキが必要となるが、それだけの価値は十分にあるし、ナイトと呪文は相性が良いので、通常のナイト・デッキに投入するだけでもそれなりに活躍が期待できる、ゲーム・エンド・カード。


【魔弾ソウル・キャッチャー】
コスト2・呪文
ナイト
■クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


そのままでも【ダーク・リバース】と同じ効果があり、ナイト・マジックなのでナイトがいればさらにもう1体墓地回収する事ができる。いわゆる完全上位互換。さておき墓地さえあれば擬似ドローとして機能するので、2体回収できるこいつが弱い訳はない。ともあれ長期戦を見据えたデッキにはもちろん、2マナと軽いので、積極的に攻めていくようなデッキにも出番があるだろう。


【魔弾デュアル・ザンジバル】
コスト4・呪文
ナイト
■バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーのパワーは-2000される。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


問答無用のマイナス修正を与える黒の新たなる除去。ナイトがいれば、さらに除去対象を増やす事ができる。小型2体を退かしてもいいし、同時に使って-4000させる事も可能。STこそ無いものの、総じて柔軟性に優れた、扱いやすいカード。


【バブル・トラップ】
コスト4・呪文
■自分のシールドを1枚、手札に戻す。ただし、その「S・トリガー」は使えない。
■相手の進化ではないクリーチャーを1体破壊する。


進化でなければ多色でも破壊できる【炎獄スマッシュ】。ただし、撃つとシールドが1枚無くなってしまう。こう書くと弱そうだが、シールドは手札になる為、序盤で使う分には擬似ドローとしても使う事ができる。やや早いデッキには分が悪いが、4マナと軽いので能力は噛み合っているし、積極的に攻撃してこないデッキ相手にはむしろメリットといえる。


【ソウル・アドバンテージ】
コスト6・呪文
■自分のシールド1枚につき相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。


これはひどい。初期の状態で撃てば一挙5枚のランダム手札破壊を6マナで使う事ができる。シールドの枚数分という不確定要素ではあるが、通常のデッキであればシールドを殴りにいくのは後半であるし、撃てる頃にシールドが無くなっているようなデッキ相手にはそもそも撃ってる場合ではない。さらに【腐敗聖者ベガ】等で調整する事もできる。1マナ増えると【ロスト・ソウル】があるが、【青銅の鎧】や【氷牙フランツI世】等と組ませればほぼ4~5ターン目に飛んでくると考えると、1マナ軽いというのは恐ろしいものがある。今後の手札破壊の核として、多くのデッキに採用される事になりそうな1枚。頑張って集めよう。

DM28弾レビュー 鶴田風味 水文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。

【アクア・ベララー】
コスト2
パワー1000
リキッド・ピープル
■自分の他のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、いずれかのプレイヤーの山札の上から1枚目を見る。その後、そのカードを持ち主の山札の一番下に置いてもよい。


【アクア・ビーグル】の完全上位互換。クリーチャーを展開し続ける限り、山札の上を操作できる。「誰の山札」とは書かれていないので、自分に使えば最も欲しいカードを引く確率を高められるし、相手には最も使われたくないカードを引かれなくする事ができる。すばらしい。ビートダウンであれば展開するクリーチャーには困らないので、そういうデッキで使う事になりそうだ。


【ピロロン】
コスト3
パワー2000
サイバーロード
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎自分がカードを引く時、かわりにその2倍の枚数のカードを引いてもよい。そうした場合、引いたカード2枚につき自分の手札を1枚、好きな順序で山札の一番下に置く。


殴れる3マナ2000サイバーロードと最低限のスペックを満たしており、シールドフォースでドロー枚数を2倍にする事ができる。1枚は山札へ戻さねばならないが、その時最もいらないカードを戻せばよいのだ。【エナジー・ライト】はもちろん、ターン開始時のドローも2倍になるので、君のドロー運を多くの局面でサポートしてくれるだろう。もちろんフォースしたシールドをブレイクされるとただのバニラになってしまうので、そういうデッキには相性は良くないが、積極的に攻撃してこないデッキの場合はマスト除去となる。いずれにせよ、サイバーロードのビートダウンデッキには、必須カード。


【氷牙フランツI世】
コスト3
パワー2000
サイバーロード/ナイト
■自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。


【ラブ・エルフィン】がサイバーロードでナイトで青になり、コストが1増えた代わりにパワーが1000増えた。ともあれナイトは呪文を使ってなんぼなので、そのコストを軽減してくれるこのカードは大いに役立ってくれそうだが、自身のコストが3とギリギリなので、君のデッキにある呪文カードのコストとよく相談する事。


【シンカイドウザン】
コスト3
パワー2000
ブルー・モンスター/サムライ
■アクセル(このクリーチャーにクロスギアがクロスされている時、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、このクリーチャーよりパワーの小さいクリーチャーを1体、バトルゾーンから持ち主の手札に戻してもよい。


新種族ブルーモンスター。
そのままでは3マナ2000と貧弱だが、クロスギアをクロスする事によりパワー限定の【テンタクル・クラスター】能力を得る。残念ながら【テンタクル・クラスター】はあまり活躍する事はなかったが、それはコストのせいでもあり、3マナであるこいつが活躍する可能性は十分ある。地味にサムライである所もありがたい。


【ピニャコ・ラーダ】
コスト3
パワー3000
スプラッシュ・クイーン
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■このクリーチャーは攻撃されない。


3マナ3000ブロッカーと青の基準値を満たしながら、なんと攻撃されない能力がついてきた。ともあれ今まで【バザガジール・ドラゴン】や【炎神フレイムアゴン】などに悩まされなくなるのはありがたいが、自身は殴る事はできないので、殴り返しを防ぐというような使い方はできない。注意。


【キューティ・ハート】
コスト4
パワー1000+
サイバー・ウイルス
■S・トリガー
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドが2枚以下であれば、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
■自分のシールドが2枚以下であれば、このクリーチャーのパワーは+4000され、ブロックされない。


あの【アクア・サーファー】が2マナも軽くなった。しかもパワーが3000も上がってブロックされない。どういうことだ。すばらしい。何かがおかしい。ともあれ青を使うデッキには必須カードとなるだろう。もっとも、その為には君のシールドが2枚以下である必要がある訳だが。

最初の5枚からシールドが増えたりしていない場合、3枚目以降でトリガーすれば、アンブロッカブル能力も相まって本家【アクアサーファー】を超える恐るべきカードとなるが、それ以外では若干のクラッチ能力が付いたSTバニラである。君のデッキがシールドの消費が激しいデッキである場合は、このカードの出番だ。


【氷牙レオポル・ディーネ公】
コスト4
パワー2000
サイバー・ウイルス/ナイト
■自分が呪文を唱えた時、カードを1枚引いてもよい。


4マナ2000と貧弱ながら、呪文を使うと1枚引ける。呪文を多用するデッキであるなら手札消費の激しさは避けられないので、それを補ってくれるこいつは必須カードといえるのかもしれない。上記の【ピロロン】のようなカードと相性がよいが、いずれもパワーが小さいので【地獄スクラッパー】などで簡単に対処されてしまう。注意。


【氷牙の魔筆マクシミリアン王】
コスト4
パワー3000
グランド・デビル/ナイト
■自分が唱えたナイト呪文の能力を、追加でもう一度使ってもよい。


これはすごい。ナイト呪文限定ながら、効果回数を1回増やしてくれる。ただでさえナイト呪文の効果で2回分の仕事はしているので、例えば【魔弾オープンブレイン】の場合、なんと6枚もドローできる事になる。 何か楽しい事ができそうではないか。さぁ、デッキを作ってみよう。


【ハルク・クロウラー】
コスト4
パワー3000
アースイーター
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。


【アクア・ハルカス】のパワーが1000上がり、ブロッカーを得た代わりに、1マナ増えて攻撃できなくなった。ともあれ4マナ3000ブロッカーなら【スペース・クロウラー】があるが、あちらも通常最低1枚は引ける。なのでこのカードはマナが無くても引ける点と、「加える」ではなく「引く」なので【ピロロン】の恩恵を受ける事ができる点で【スペース】に優れているが、どちらを選ぶかは君のデッキ次第となる。もちろん、両方投入してみるのもいいかもしれない。


【バキューム・クロウラー】
コスト5
パワー5000
アースイーター
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■自分のターンのはじめに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体手札に戻す。その後、カードを1枚引いてもよい。


5マナ5000とパワフルなブロッカー。毎ターン、自分のクリーチャーを戻しつつ手札を増やす事ができる。他に何もいない場合はこいつ自身を戻さなくてはならない。さておきこいつがいれば恒久的に他のCIP効果を使い回す事がができる。何か楽しい事ができそうではないか。一応、2体いれば2体戻す事になる。注意。


【歌舞伎ロイド・ゴエモン】
コスト6
パワー2000
グレートメカオー/サムライ
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の他のサムライ1体につき1枚、カードを引いてもよい。
■侍流ジェネレート(このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の手札にあるクロスギアを1枚、コストを支払わずにジェネレートしてもよい)


青では珍しいサムライ・クリーチャー。バトルゾーンにサムライがいればいるほど君にハンド・アドバンテージをもたらしてくれるが、いなければまったく役に立つ事はない。しかしクリーチャーとは書かれていないので、サムライ・クロスギアでも引く事ができる。さらに自身が侍流ジェネレートを持っているので、手札にサムライ・クロスギアさえあれば1枚は引けるだろう。総じてタイミングが難しいといえるが、クロスギアは破壊されにくいので、そういうデッキでは出番があるかもしれない。


【突然月光ホイホイザー】
コスト6
パワー3000
グレートメカオー
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃することができない。


いいのかい?ホイホイついてきちまって。さておき6マナSTブロッカーと【ファンタジー・フィッシュ】を軽く上回る性能ながら、こいつは殴る事ができない。速攻デッキ対策としては出番があるかもしれないが、逆転要素は薄いので、他のSTを退かして投入されるかというと、微妙な所。ほひひ。


【シンカイサーチャー】
コスト6
パワー4000
ブルー・モンスター
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中からカードを1枚選び、手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。


【ルナ・ブライトホーク】のパワーが2000下がり、WBを失った代わりに、2マナ軽くなった。ともあれ軽い事は良い事だ。コスト6は長期戦を見越したデッキであれば出番があるライン。しかし他には何も能力がないので、クリーチャーである点を活かしたものでないと意味はない。注意だ。


【タイタンクラッシュ・クロウラー】
コスト6
パワー6000
アースイーター
■ブロッカー(相手クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手クリーチャーとバトルする)
■各ターン、このクリーチャーが初めてタップした時、アンタップする。


ブロッカーこそあるものの、青のくせに6マナ6000とパワフルでありながら、【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】のような2回行動を可能とする。【雷光の使徒ミール】などでタップされようとも起き上がってくるのは相手にすれば厄介なものか。さらに青のブロッカーでありながら殴る事ができる。すばらしい。さすがスーパーレア。WBは持っていないのでパンチ力こそ弱いものの、防御を固めた後に総攻撃するようなデッキには相性が良さそうだ。


【蒼神龍ステルス・ビアス】
コスト6
パワー6000
ポセイディア・ドラゴン
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーはブロックされない。


6マナ6000WBと青でありながら、ドラゴンであるためか標準以上のスペックを誇り、シールドフォースによってアンブロッカブルすら可能としている。当然ブレイクされてしまうと能力は失われるが、ブロックして嬉しいデッキにとっては、うかつに攻撃して相手の手札が増えるのは自殺行為であるし、そういう部分では噛み合っているといえる。


【氷牙アクア・マルガレーテ卿】
コスト7
パワー4000
リキッド・ピープル/ナイト
■自分が呪文を唱える時、バトルゾーンにある進化以外のカードを1枚、持ち主の手札に戻してもよい。


7マナ4000とたいへん貧弱ながら、呪文の発動をトリガーとして、進化クリーチャー以外のカードをバウンスする事ができる。進化以外なのでクロスギアも戻す事ができるし、G・リンクしたゴッドも問答無用で戻す事ができる。「相手の」とは書かれていないので自分のカードを戻す事で相手の除去を回避したり、CIP効果を使い回す事ができる。弱点としてはやはり7マナという切り札級の重さ。しかしいったん動き出せばものすごいアドバンテージを君にもたらしてくれるだろう。何か楽しい事ができそうだ。さぁデッキを作ってみよう。


【氷牙提督マティアス卿】
コスト7
パワー5000
グランド・デビル/ナイト
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からナイトをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に戻す。
■相手のターン中に、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出してもよい。


ナイト提督。7マナ5000は提督の標準サイズなのだろうか。ともあれひとたび相手の手札破壊によって場に出ようものなら、3枚の擬似ドローと5000のアタッカーがついてくる。これまでの提督に比べ、ナイト呪文も手札に加えられる為、より回収できるカードの幅が広がったといえる。君の周りに手札破壊が横行しており、さらにナイトデッキでそれらに挑む場合は必須カードとなる。


【海王提督ラネーバ・早雲】
コスト7
パワー5000
ポセイディア・ドラゴン/サムライ
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中からサムライをすべて手札に加え、残りを好きな順序で山札の一番下に戻す。
■相手のターン中に、このクリーチャーが自分の手札から捨てられる時、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出してもよい。


サムライ提督。7マナ5000は提督の標準サイズなのだろうか。ともあれひとたび相手の手札破壊によって場に出ようものなら、3枚の擬似ドローと5000のアタッカーがついてくる。これまでの提督に比べ、サムライ・クロスギアも手札に加えられる為、より回収できるカードの幅が広がったといえる。君の周りに手札破壊が横行しており、さらにサムライデッキでそれらに挑む場合は必須カードとなるかもしれない。


【散舞特機サンマイダー】
コスト8
パワー7000
グレートメカオー
■自分のターンの終わりに、自分の手札が2枚以下であれば、3枚になるまでカードを引いてもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


これはすごい。8マナ7000WBと自身のパンチ力はさておき、手札が2枚以下であれば3枚になるまでカードを補充する事ができる。しかも引くのは自分のターンの終了時なので、ターン中に手札を使い切っても相手の反撃や除去を受ける事なく3枚ドローとする事ができる。すばらしい。8マナと重いのがネックだが、手札をコストとするようなカードや、高速でカードを連打して墓地を肥やしたい時などに威力を発揮するだろう。何か新しいデッキの登場を予感させる1枚。


【フォース・オペレーション】
コスト3
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■バトルゾーンにある自分の「シールド・フォース」能力を持つクリーチャー1体につき1枚、カードを引く。


【ディープ・オペレーション】のフォース版というのだろうか。シールドフォースを持つクリーチャーがいればいるほど、君にハンド・アドバンテージをもたらしてくれる。いうまでもなく、シールドフォースを持った自軍がいない場合はSTしても意味がないので、このカードを活かす為には、ある程度デッキの中にシールドフォースを持つクリーチャーを投入する必要がある。


【魔弾オープン・ブレイン】
コスト5
ナイト
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■カードを2枚まで引く。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい。


【ネオ・ブレイン】のコストが1増えた代わりに、ナイトマジックになった。ともあれ5マナとやや重いがSTでもあるし、効果2倍のチャンスを得たので、君のデッキがナイト・デッキである場合は【トリプル・ブレイン】を退かしてでも投入されるカードとなるだろう。今後の青を絡めたナイト・デッキには必須カードといえるのではないか。


【魔弾ストリーム・サークル】
コスト5
ナイト
■バトルゾーンにあるクリーチャー1体またはクロスギア1枚を選び、持ち主の手札に戻す。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


【スパイラル・ゲート】と【スパイラル・ランス】の合体カードというべきか。5マナと重いがバトルゾーンのあらゆるカードをバウンスする事ができる。しかもナイトマジックであるため、ナイトさえ場にあれば【バジュラズ・ソウル】と、それをクロスしているクリーチャーをまとめて戻す事ができる。今後のクロスギアの対策として、覚えておくべき1枚となりそうだ。


【助太刀 メモリー・アクセラー】
コスト1
サムライ
■クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、カードを1枚引いてもよい。


クロスしたクリーチャーを【ウォルタ】にする。クロスギアにして1マナと大変軽く、付与能力も多くの局面で無駄になりにくい。青を基本としたビートダウンデッキには恒常的なドロー手段として、ドロー呪文の代わりに投入される事もありそうだ。


【流闘 シャーク・バンカー】
コスト2
サムライ
■クロスギア:このカードをバトルゾーンに置く。クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。
■これをクロスしたクリーチャーのパワーは、+2000される。
■これをクロスしたクリーチャーがバトルする時、カードを1枚引いてもよい。


バトルする時とやや特殊なタイミングながら、カードが引ける。さらにパワーを+2000する事でバトルを仕掛けやすくなっている。2マナと軽いので、【インビンシブルスーツ】のようなアンブロッカブル付与と比べ、やや防御へシフトしたデッキとの相性が良い。防戦一方でジリ貧となる状況でも、ハンドアドバンテージで凌ぎ切る事ができるかもしれない。

DM28弾レビュー 鶴田風味 光文明編

情報元は帝国大劇場別館様より。

【超神龍ラディオ・ヤエサル】
コスト8
パワー9000
アポロニア・ドラゴン
■マナ進化Vー光のクリーチャーを2体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその2体の上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■スーパー・シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を上から1枚ずつ裏向きのまま、自分のすべてのシールドの下に置いてもよい。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


新たな能力を2つも持つアポロニア・ドラゴン。1つ目の能力はマナ進化。これは手札にこのカードと、マナゾーンに指定された任意の進化元がいれば、進化の種として扱いつつ、こいつを場に出すことができる。これまで進化元が無いために、手札で腐っていた進化カードに新たな可能性が生まれる事になった。
もうひとつはシールド・プラス。こいつはスーパーだが、似たようなものだ。ともあれ、それまであったシールドの下に重ねるこの能力のおかげで、ブレイクされた時は手札が2倍増え、さらにシールド・トリガーの確率を増やしてくれる事ができるだろう。もっとも、その時に君のシールドが1枚もない場合は能力は不発に終わる。注意だ。


【天雷の龍聖ロレンツオIV世】
コスト7
パワー8000
アポロニア・ドラゴン/ナイト
■相手がバトルゾーンにあるクリーチャーを選ぶ時、自分の他のナイトを選ぶことはできない。(ただし、そのクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)
■バトルゾーンにある自分の他のナイトはすべて、「ブロッカー」を得る。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


ナイトの親玉のようなドラゴン。こいつが場にある限り、自分のナイト全ては【ペトリアルフレーム】の能力を得る上、ブロッカーもついてくる。確かにブロッカーは破壊されやすいのだが、選ばれないとなれば話は別。ナイト軍団の総攻撃の締めに大いに役立ちそうな気がするが、自身には何ももたらさない為、こいつ自身が崩されると脆くなる。注意。


【聖帝リオン・ザード】
コスト7
パワー5500
アーク・セラフィム
■マナ進化ー光のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■自分の他の、《聖帝リオン・ザード》以外のクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃する時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。


進化のくせに7マナ、そしてパワー5500と貧弱ながら、マナ進化であるために進化元はどうにでもなるだろうし、例え殴り終えた後でも自軍の他のクリーチャーが殴りに行けば、再度起き上がり再び殴りに行く事ができる。すばらしい。相手がブロッカーで場を固めようとも、こいつ自身を止められない限り複数回攻撃されるので、計算を大きく狂わせられるだろう。地味に進化元は白のクリーチャーなら何でもよい所もありがたい。


【不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー】
コスト7
パワー9000
エンジェル・コマンド
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る。
◎このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
◎このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンから離れずにとどまる。


新能力シールド・フォースを持つエンジェルコマンド。そのままでは7マナ9000WBと準バニラクリーチャーなスペックだが、シールドが1枚でもあればブロッカーとなる。さらに「離れる時」を無効化するため、【龍神ヘヴィ】すら動かないし、1対1では相手に勝ち目はない。しかし単体では防ぎ切れない2体以上の攻撃で指定したシールドが割られてしまうと無敵能力も失われてしまうので注意。何か他のブロッカーでサポートする等すれば、フィニッシャーとしての力は十分にある。


【光神龍ザ・イエス】
コスト6
パワー6000
アポロニア・ドラゴン
■シールド・プラスーこのクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


6マナ6000WBと基準値を満たしながら、シールドプラスで防御力を高める事ができる。君のデッキがシールドを活用したデッキである場合は、投入してみてもいいかもしれない。


【ピュアユニコーン】
コスト5
パワー3000
シャイン・モンスター
■このクリーチャーが破壊される時、このクリーチャーを墓地に置くかわりに自分のシールドを1枚選び、手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない。


5マナ3000とたいへん貧弱ながら、死ぬ代わりにシールドを手札に加える事で場に留まる事ができる。すばらしい。シールドを失うわけだが墓地に置かれるわけではないし、むしろ手札が増えてありがたい局面もあるだろう。シールドが無いと能力は使えないので、残りシールドには注意。


【魔光王機デ・パウラ伯】
コスト4
パワー4000
グレートメカオー/ナイト
■ブロッカー
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻してもよい。

【新星の精霊アルシア】【暁の守護者ファル・イーガ】のコストが1少なくなり、ブロッカーを得た。ともあれ本家に比べて殴れなくなった以外はほぼ上位互換である。確かにブロッカーであるために破壊されやすくはなっているが、出た時すでに役目は終えている訳だし、軽くなる以上のデメリットではない。今後の呪文を中心としたデッキに確実に投入されてくるであろう1枚。頑張って集めよう。


【地脈の守護者ラグ・マルタス】
コスト3
パワー2000+
ガーディアン
■自分のマナゾーンからカードが離れる時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+4000される。


そのままでは3マナ2000のバニラであるが、マナゾーンの破壊をトリガーとしてパワーが4000ずつ増える。別に相手のターンだけとは書かれていないので自分のターンで自らのマナを削っていっても能力を使う事ができるが、DMはパワーが高いだけではどうしようもならない事も多い。パンプ・アップ効果が1ターン限定なのも微妙な所。総じて出番は無いように思える。


【遊撃鉄人アザース】
コスト2
パワー1000
グレートメカオー
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のタップされているクリーチャーを1体選ぶ。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップされない。


アンタッチャブル能力は持っていないようだ。さておき殴れる2マナのメカオーとして最低限の活躍が見込める上に、相手のアンタップを封じる事で、殴り返しを防ぐ事ができる。もちろんその為には相手がタップしていないといけない訳だが、2マナと軽いのでビートダウンのサポートとして活躍する事もあるかもしれない。何にせよ、軽い事はいい事だ。


【魔光神レオパルドII世】
コスト6
パワー5000+
ナイト/ゴッド
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見てもよい。その中からナイトを1枚選び、相手に見せてから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。
■G・リンク《魔光神ルドヴィカII世》の右横。
■このクリーチャーがリンクしていて、相手が自分のクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーを選ぶことはできない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)


ゴッドも生き残っていた。さておき6マナ5000とやや小型ながら、出た時からナイトを山札から引っぱって来られる為、リンク先を用意しなくてもGリンクがやりやすくなっているし、ナイト呪文も持ってこれる(はず)ので柔軟性は高い。おまけにリンクすればアンタッチャブル。リンク先のマスト除去級の性能を存分にサポートしてくれる事だろう。


【天武の精霊ライトニング・キッド】
コスト5
パワー5500+
エンジェル・コマンド
■シールド・プラスーこのクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
◎このクリーチャーのパワーは+5500され、「W・ブレイカー」を得る。


5マナ5500と基準値を満たしながら、シールドプラスで防御を固めつつ、シールドフォースにより、なんとパワー11000のWBを単体で実現するすごいカード。もちろんシールドが割られてしまったらそれまでであるが、防御の得意な白であるし、シールドプラスで増えたシールドをフォース先にすれば、手札補充としてもお釣りが来る。今後の白絡みのビートダウンでよく見かけることになりそうな1枚。


【天雷の使徒ロドミア】
コスト4
4000
イニシエート/ナイト
■このクリーチャーがサムライとバトルする時、自分の山札を見る。その中から呪文を1枚選んで相手に見せ、手札に加えてもよい。その後。山札をシャッフルする。


殴れるが4マナ4000とやや小粒。サムライとバトルする時に山札サーチ効果が発動するが、機会限定で相手に依存する効果は総じて使いにくそうだ。効果自体は悪くないので、君の周りにサムライが溢れている場合は出番があるかもしれない。


【天雷の導士アヴァラルド公】
コスト3
パワー1000
アーク・セラフィム/ナイト
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から呪文を好きな数手札に加え、残りを好きな順番で山札の一番下に戻す。


先行して公開されていたナイト。3マナ1000と小型ながら、呪文を引いてくるCIP効果を持つ。自身がナイトであるため、ナイト・マジックを持ってくれば2倍の効果が期待できる。もちろんその為にはデッキに含まれる呪文の割合を多めにしなければならないので、デッキ構築の際は注意。


【命運の守護者ティオス】
コスト3
パワー0000+
ガーディアン
■このクリーチャーのパワーは、自分のシールドゾーンにあるカード1枚につき+1000される。


そのままではパワー0で出た瞬間に死んでしまうが、シールドが1枚あれば3マナ1000。5枚あれば5000となる。5000ならそれなりに役立ちそうだが、殴られ始めると脆くなっていく。しかしこいつの真価はおそらく直ちに墓地へ行ってしまう効果。何か墓地行きを繰り返し行うようなデッキである場合、出番があるかもしれない。


【霊壁の使徒ミルース】
コスト5
パワー4500
イニシエート
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップしてもよい。
■相手が自分のクリーチャーを攻撃する時、その攻撃の終わりまで、このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。


【捕縛の使徒ローム】のパワーが2500増え、条件付のブロッカーを得た代わりに、コストが1増えた。ともあれコスト1でこの性能差は時代の流れなのだろうか。ブロッカー発動条件はやや限られているので、イニシエートデッキの常連である【雷光の使徒ミール】【電磁聖者ウォルミル】を押し退けて投入されるかというと、微妙な所。


【予言者リク】
コスト5
パワー1000
ライトブリンガー
■S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドが2枚以下であれば、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままシールドに加えてもよい。


STこそあるものの、5マナ1000。さすがに貧弱であるが、シールドが2枚以下であればシールドを増やして相手の計算を狂わせる事ができる。その性能をフルに活用する為には3枚目以降のシールドにこいつが入っていないといけない。やや厳しいか。相手に依存する能力である為総じて使いづらい印象がある。


【予言者ヒョウ】
コスト3
パワー4000
ライトブリンガー
■ブロッカー
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
■シールド・プラスーこのクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)


これはすごい。3マナ4000ブロッカーと、白の基準値を満たしながらも、さらにメリットを持っている。破壊された時に使えるシールドプラス能力で、これまでの3マナ4000ブロッカー以上に序盤のサポートをこなしてくれる事だろう。ライトブリンガーデッキなら、必須カードなのではないだろうか。


【光撃巨兵レーザリオン】
コスト3
パワー3500
グレートメカオー


3マナのバニラ。しかしパワーが3500と基準値以上である。DMはパワーが高いだけでは勝てない事が多いが、でかくて困る事もあまりない。メカオーを主軸としたデッキなら、出番があるかもしれない。


【ピュアランダース】
コスト3
パワー2000
シャイン・モンスター
■シールド・プラスーこのクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置いてもよい。こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)

新種族シャイン・モンスター。
3マナ2000と小型ながら、CIPでシールドプラスを行う事ができる。手軽にシールドプラスを扱いたい場合は、このカードの出番だ。


【烈空の使徒バグリス】
コスト3
パワー1000
イニシエート
■シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次の能力を得る)
■各ターンの終わりに、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体アンタップする。


3マナ1000と小粒ながら、シールドフォースにより指定したシールドが割られない限り、ターン終了時に自軍1体をアンタップさせる事ができる。殴り返しを防げるので、積極的に行くようなデッキと相性はよい。出したターンであれば、最低1回は能力が使えるのもなかなかの即効性。


【蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ】
コスト1
パワー2000
ガーディアン
■ブロッカー(相手クリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーをタップして、その攻撃を阻止してもよい。その後、その相手クリーチャーとバトルする)
このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。


1マナブロッカーの代名詞たるこいつが新イラストで再録。あらゆる1マナ。あらゆるブロッカーの基準とされてきたので、その安定性は折り紙付き。ガーディアンデッキなら、必須カードともいえる。


【魔弾プラス・ワン】
コスト2
ナイト
■シールド・プラスー自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、自分のシールドいずれかの下に置く。(こうして重ねたカードの束を1枚のシールドとみなす)
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


現在、最もお手軽にシールドプラスを実現する1枚。ナイトマジックであるので、自軍のナイトがいればさらに同じ効果をもう一度扱う事ができる。今後のシールドプラスの行方次第で性能も大きく変わるが、シールドそのものが増える訳ではないので注意。


【魔弾チェーン・スパーク】
コスト2
ナイト
■バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選び、タップする。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい)


そのままではSTが無い【ソーラー・レイ】だが、ナイトマジックである為、ナイトが1体でもいれば2マナ軽い【ムーンライト・フラッシュ】になる。限定効果なのでやや不安定ながら、軽いので発動自体は簡単に行う事ができるだろう。ナイトを主体として、タップキル戦術を用いる場合は、必須カードとなる。


【パワー・パズル】
コスト2
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体タップする。その後、合計パワーがそのクリーチャーのパワー以下になるように、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを好きな数選び、タップする。


2マナSTと軽さは抜群。自軍1体とパワー以下の相手を好きな数タップする事ができる。自軍の大型をタップすれば軽い【スーパースパーク】にもなりうるが、自軍1体を無力化しているので、タップした相手をどうにかする手段を持たなければならないだろう。サイレントスキルを持つ自軍をタップする事で、能力を発動しやすくする事もできる。使い手の腕が問われる1枚となりそうだ。

嘘だッ!

毎年4月1日恒例嘘新弾でした。
本当に信じてしまった方には申し訳ないです。

コ□コ□イチバン(こしかくこしかくいちばん)
尚コロコロイチバン5月号は3月25日発売済です。

十1DREAM(じゅういちドリーム)

4月31日発売
(本物は4月26日発売予定です。尚収録される限定カードは3種との事。300円。)

ありがとうございました。

一応残しておきます。


プラス・ワン・ドリームパックの情報が公開された。
情報元はコイチバン5月号。

DM27-完全極神(パーフェクト・ヘブン) 1DREAMパック

全60種+限定カード
1パック6枚入り
\300


【ダブルソード・紅蓮・ドラゴン】
クリーチャー
アーマード・ドラゴン/サムライ
火文明・コスト7
パワー9000
■このクリーチャーで攻撃するかわりに、タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT:バトルゾーンにある相手のタップされていないクリーチャーを2体まで選ぶ。選んだクリーチャーの合計パワーの方が、このクリーチャーのパワーより小さければ、選んだクリーチャーを破壊する。 
■【ボルメテウス・武者・ドラゴン】の能力によって、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する時、さらにもう1体、相手のパワー6000以下のクリーチャーを破壊する。 
■W・ブレイカー


【ダブルソード・レッド・ドラゴン】がコスト・サイズそのままに、アンタップ状態を射程圏として復活した。ともあれタップされていないと毎ターン9000の火力で燃やされるに等しいので、これが出た場合、相手は何らかの手段で自軍のタップを迫られる事になる。ビートダウンのような、毎回攻撃する為にタップしていくようなデッキには効果が薄いが、じっくり場を固めていくようなデッキには効果抜群。1枚でゲームを決めてしまう事ができるだろう。
さらに【武者ドラゴン】の能力にも、もう1体追加で破壊するおまけを付与する事ができる。【大和ドラゴン】と組み合わせれば12000が2体退かせたりする。何か楽しい事ができそうではないか。


【四聖ドラグーンF(ファントム)】
クリーチャー/クロスギア
ヒューマノイド/ティラノ・ドレイク
光文明・コスト3
パワー6500-
■スピンギアシステム
このクリーチャーはクロスギアとしても扱う。
(クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。)
■スピードアタッカー
■このカードをクロスしたクリーチャーは、バトルゾーンにある間「スピードアタッカー」を得る。
■このクリーチャー、もしくはこのカードをクロスしたクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、自分の山札の一番上のカードを表にして自分のマナゾーンに置く。
■このクリーチャーのパワーは、自分のマナゾーンにあるカード1枚につき-1000される。


-受けてみろオレの魂!! 行け!!ドラグーンF!!

ついに登場した殴れるクロスギア。3マナ6500、おまけにSAととんでもないコスト・パフォーマンスながら、マナの数だけパワーが下がるので、普通に3ターン目に出してもパワーは3500。7マナ溜まると死んでしまうので、自身のスピードアタッカーを活かす為にも早めのビートダウンデッキに出番があるかもしれない。後半パワー負けして突破できずに息切れしそうな時でも、他の大型にクロスする事でSA化させ、奇襲性を高める事ができる。


【四聖ドライガーF(ファング)】
クリーチャー/クロスギア
ヒューマノイド/ドリームメイト
自然文明・コスト3
パワー5000
■スピンギアシステム
このクリーチャーはクロスギアとしても扱う。
(クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。)
■このクリーチャーをクロスしたクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、自分のマナゾーンからカードを1枚選び、裏向きにしてシールドに加えてもよい。
■このクリーチャー、もしくはこのカードをクロスしたクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、自分の墓地からクリーチャーを1体選び、自分の手札に加えてもよい。
■このクリーチャーのパワーは、自分のマナゾーンにあるカード1枚につき-1000される。


-気をつけろ・・・ ドライガーは少々気が荒い!!

3マナ5000と強力なサイズながら、普通に出した場合のパワーは2000。大変死にやすいが、ブロックされなければ【深緑の魔方陣】の効果を使うことができ、死ぬ時に墓地回収が行える。特に5マナ以降は出した瞬間PIG効果を発揮するので、3マナの墓地回収としても強力な1枚となる。総じて序盤から終盤まで腐る可能性の少ない、よいカード。


【四聖ドランザーF(フレイム)】
クリーチャー/クロスギア
ヒューマノイド/フェザーノイド
火文明・コスト2
パワー4000
■スピンギアシステム
このクリーチャーはクロスギアとしても扱う。
(クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。)
■このクリーチャーをクロスしたクリーチャーは進化クリーチャーではないクリーチャーにブロックされない。
■このクリーチャー、もしくはこのカードをクロスしたクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、カードを1枚引く。
■このクリーチャーのパワーは、自分のマナゾーンにあるカード1枚につき-1000される。


-勝負だタカオ!必ずお前に勝つ!!

殴れる2マナ4000だが、例によってパワーが下がり、4マナ溜まった時点で場に留まる事は不可能となる。その為クロスして得られるアンブロッカブル能力が活きるのは、低コストで殴るビートダウンとなるが、特筆すべきは退かされた時に使えるドロー能力。赤でカードが引けるのは極めて珍しい上に、自身がわずか2マナである為、後半もまったく無駄にならない。青を使わず手札を確保したい時は重宝する1枚となるのではないか。頑張って4枚集めよう。


【四聖ドラシエルF(フォートレス)】
クリーチャー/クロスギア
ヒューマノイド/サイバー・クラスター
水文明・コスト3
パワー7000
■スピンギアシステム
このクリーチャーはクロスギアとしても扱う。
(クリーチャーにクロスするには、このカードのコストをもう一度支払う。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れても、このカードはバトルゾーンに残る。)
■ブロッカー
■このクリーチャーは攻撃する事ができない。
■このクリーチャーがクロスされている間、バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーすべてのパワーは+2000される。
■このクリーチャー、もしくはこのカードをクロスしたクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、パワー2000以下の相手のクリーチャーを1体破壊する。
■このクリーチャーのパワーは、自分のマナゾーンにあるカード1枚に付き-1000される。


-見たか!これが玄武の真の力!!必殺フォートレスディフェンス!!

3マナ7000ととんでもないコスト・パフォーマンスだが、普通に出せば3マナ4000ブロッカー。しかしクロスすると自軍すべてを+2000できるので、序盤はブロックして時間を稼ぎ、後半全体強化で突破と大変無駄が少ない1枚。7マナ溜まると死んでしまうが、青のくせにささやかながら火力効果がおまけに飛ばせるので、様々な局面で役に立ってくれそうだ。今の所「歩く」クロスギアの中で、こいつだけ攻撃できないので注意。


【ビーダマン・ライジングヴァルキリー】
進化クリーチャー
アーマロイド/グレートメカオー
光文明・水文明 コスト4
パワー7500
■進化-自分の多色クリーチャー1体の上に置く。
■PI-エクステンド
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーをすべて、このクリーチャーの下に置いてもよい。
■メガメテオバーン6-このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーの下にあるカードを6枚、墓地に置いてもよい。
そうした場合、相手のシールドを4枚まで見てそれらを元の場所に戻し、自分の山札の上から4枚を裏向きのまま自分のシールドに加える。
■W・ブレイカー


4マナ7500と進化クリーチャーとしてはやや小型ながら、場に出たときに自軍6体を下に置く事で、シールド4枚のピーピング能力とシールドを4枚も増やしていく事ができる。下に置くのはどんなクリーチャーでもいいが、こいつが退かされると一気にフィールド・アドバンテージを失ってしまうので、相手の展開には注意する事。どうにかして【魔皇アゼルザード】を上に乗せる事ができれば、【アゼル】のメテオバーン能力を7回起動して、相手シールドを確実に空にする事もできる。何か楽しい事ができそうではないか。


【紅蓮の剣医ジャック】
クリーチャー
ゴッド
火文明・コスト7
パワー7000
■このクリーチャーはタップされていない相手クリーチャーを攻撃できる。
■このクリーチャーは進化クリーチャー以外のクリーチャーにブロックされない。

「ゴッド」のくせにGリンク能力を持たない単品のゴッド。7マナ7000とやや小型ながら、相手のアンタップ状態も殴れるため、一旦動き出せば強力な制圧効果を発揮する事ができる。ブロックされにくい効果があるので種族を気にしなければ【ガトリング・ワイバーン】の上位互換。問題はやはりパワー7000と今の環境ではやや小型な所か。ブロックはされづらいが殴り返しは受けるので、【電脳聖者タージマル】等が天敵となるだろう。


【マサキ】
呪文
火文明・コスト4
■カードを2枚引く。


ついに登場した赤のドロー呪文。青の【エナジー・ライト】に比べるとコストが1増えているが、こいつは青を使わずに手札を確保できるという意味ですばらしい。赤単速攻のようなデッキタイプでは出番はないだろうが、流行の黒赤緑のゴッド・デッキには投入が見込める1枚となる。さぁデッキを作ってみよう。


【夜の廃品回収】
呪文
水文明・コスト4
■自分の墓地からカードを3枚まで選び、好きな順番で自分の山札の下に置く。


【ガイアの祝福(MtG)】に似ている。ともあれ撃てば山札が3枚増えるので、ライブラリアウトを3ターン防ぐ事ができる。さらに山札サーチカードと組み合わせれば、戻したカードを再び使う事が可能となる。やや遠回りなので、君が長期戦を想定したデッキを相手にする時に、出番があるかもしれない。


【超エネルギーリムーブ】
呪文
闇文明・コスト2
■S・トリガー
■このターン、バトルゾーンにあるすべてのクリーチャーのパワーは、そのクリーチャー本来のパワーとなる。


2マナにSTと大変軽いが、場に何らかの方法で強化されたクリーチャーがいない場合は役に立つ事はない。しかし【光器ペトローバ】や【光陣の使徒ムルムル】等で相手が強化されている場合はその効果を無効にする事で、火力の威力を相対的に高める事ができる。効果は1ターンだけなので火力と併せる場合は2枚コンボとなり、ハンド・アドバンテージとしては損となるが。ウェーブストライカーを相手にしても効果があるので、君がWSデッキに苦戦している場合は投入してみても良いかもしれない。




なお、気になる発売日は4月31日との事。
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
アクセスカウンター